無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第86話

M 誌・お 悩 み 相 談 室
佐藤side













『第3回!佐藤あなたのお悩み相談室~

今月のゲスト!Travis Japanより松倉海斗くんでーす』




松倉「いぇーい よろしくお願いします~」



『あああ松倉かっこいいかわいいすきぃー』



松倉「ありがとw 俺もあなたちゃん好きだよ」



『まって、もう死ねる←』



松倉「俺の悩み聞いてからね?」



『おい殺すなよwww』



松倉「あはっwww」



『てか海斗くんに悩みなんかあんの?』



松倉「あるよー。もうしんどいの。」



『えっえっなになに 佐藤が解決したる!』



松倉「言ったね?絶対だよ?」



『えっあ、うん!もちのろん!!』



松倉「あのね、





































身長が伸びないの。」




『…………。』




松倉「ねえ!!!」




『いやー、そんなこと私に言われても…』




松倉「解決したるっていったの誰よ」




『だ、れだろう、、?』



松倉「俺ね、162なんだけど」




『え、私と11cmも差あるじゃん。やっば』



松倉「え、あなたちゃんそんな高いの?」




『おん。173だよ』




松倉「聞く人間違えた…」




『なんで?!んー、そうだな……』




松倉「なんかある?」




『……………………………… ない!』




松倉「えええ。」




『ああでもとにかく早寝早起き!
あとは1日3食!かな! 生活リズ厶崩さないこと!』




松倉「あっはい!!じゃあ1日3食のために今日ご飯奢ってください!」




『は……?』




松倉「俺のためですよっ?? (キラキラ上目遣い)」




『…元太くん連れてきてくれるならいいよ』




松倉「聞いてみます!あとで連絡します!」




『敬語wwww はいはいわかったよ』




松倉「わーい!!」




『それではこんなところで!
今月の相談室を終わりたいと思います!
ゲスト、Travis Japanより松倉海斗くんでした!』





さとくら「ばいばーいっっ」