無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

M 誌・お 悩 み 相 談 室
No side













佐藤『佐藤あなたのお悩み相談室!

第2回の相談者はSixTONESより、京本大我さんでーす』



京本「よろしくお願いしますー」



佐藤『まあ、前回ですね、同じグループの松村北斗さんがね、大我について話していたわけなんですが。』



京本「そーですね。

なんか、言ってたこと?全部僕にも当てはまってるというか…同じこと思ってたんですよ。」



佐藤『それってもう以心伝心ってことで一周まわって仲良しってことですよね爆笑』



京本「そーなんですかね?笑」



佐藤『ちょっとまって、、、、

大我なんでうちに敬語なん?wwww』



京本「いや、なんか、、、、www」



佐藤『どっちかというと私が敬語使わなきゃいけない←』



京本「そうだね。」



佐藤『まあ、使わないけど←←』



京本「おいっ←」



佐藤『そんで、大我のお悩みは?』



京本「え、もう、、、、終わりましたよね?」



佐藤『はひ?』



京本「ふ?」



佐藤『え、北斗とのこと?』



京本「へほ?そうだよ」



佐藤『ちょ、それやめwww

じゃあもう終わりじゃん』



京本「そ、、うですね、、。」



佐藤『じゃあまた来月~』



京本「いやいやいや!!!短いでしょ??」



佐藤『これじゃあ2面飾れないんだって。』



京本「1面は写真なんじゃないの?」



佐藤『そうなんだけど、インタビューが1面もないって』



京本「それはやばい。」



佐藤『んー、誰か来ないかな…………』



京本「ここに?」



佐藤『そ。あ!北斗呼ぼうよ!電話したる』



京本「えっ?!いやいやいや、、、」



佐藤『もしもしー?今から○○Studioこれる?うん、うん、はーいお願いしまーす』



京本「え、、、、、」



佐藤『くるってー。あ、大我がいることは伝えてない←』



京本「それやばいって!!!!」



















ガチャッッ)))


松村「こんにち、、、、なんで大我いるの!」



佐藤『どーもー』




松村「きいてないよ?」




佐藤『言ってないもん』



松村「はぁ、、、」



佐藤『あのさ?おもむろに嫌がるのやめてくれない?』



京本「…………」



佐藤『大我も黙らないで??


あ、もう尺取れたって』




京本「えっっ」



佐藤『ということで本日の相談者SixTONESより、京本大我さんでしたー!
そしてゲストに松村北斗さんでしたー!

また来月~』


きょもほく「あ、、ばいばーい」