無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

黒 髪 → 茶 髪
佐藤side













やっと今日offや!!








さーてとっ今日はみんなに内緒で~













長年の黒髪歴に終止符をっっっ






まってろ!

とーまくーんっ!!!
















~美容室~









金内柊真「ほんとに染めちゃっていいの?」



『もーばりっばりの明るい茶色でおねしゃっす!』



柊真「はいはい」















(どんくらいかわかんないんですけど)

~2時間後……(くらい?)~







柊真「おわりーって、爆睡やん。

那須呼ぼーと」










~10分後~



那須「柊真くんごめんな……


え?!ちゃ、ぱ?あなた?どうした?!」





『んんっ ん?お!那須やないか!

お、いいねえっさすがとーまくんっ』




柊真「やろ。お代、6500円な。

これでもおまけしてる方やで?」






『さっすがー!私の扱い慣れてるわね♡』





那須『早く帰るよ!お騒がせしてすみませんっ』




『ばいばい!とーまくん!!』