無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

富 士 急 。
前回の続き




岸side














あああああ絶叫やだよおおお



「えーと、まずは…………」



佐藤『高飛車ですね!!いやー、富士急といったら高飛車でしょう!』



「あーむりいいいいい」



佐藤『それじゃあここでくじ引きターイム!!

まずは岸くんから!』



「えーとじゃあこれ!!!!」



“ 平 野 紫 耀 ”



佐藤『わー紫耀くんですね!!』



「最初から紫耀かよー!」



佐藤『んじゃあいってら~』



「ええ!もう行くの?!」


















ス「いきごみを…………」



「え、なにそれwww



えーっとですね、そうですね……」





佐藤『『 岸 優 太 フ ァ イ ト ぉ ぉ ぉ ぉ 』』





佐藤『あははははっっっあはははっっ』





「うるっさwwwwwww」















ガタガタガタガタ)))



さん!!にー!!いち!!





「「「天然キャラちょっとかぶってええええ

るうううううわあああああああ」」」






佐藤『何言ってっかわかんねえよwwww』










佐藤『おつかれさまでしたー』



「あー怖かった」



佐藤『なんて言ったの?ww』



「え、天然キャラちょっと被ってるって言いました」



佐藤『皆さん聞きましたか?岸は天然キャラ作ってますよww』



「ちがうちがう!!!僕いたって普通ですよ」



佐藤『平野は自覚ないからな~』



「俺もないわ!!」



佐藤『(無視)じゃあ次私行きまーす』



「無視はやめよ?!」