無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第143話

J r . チ ャ ン ネ ル
前回の続き




佐藤side


















瑞稀「それでは、第1回戦!
はしもっちゃん 対 作ちゃん〜」



『中島くん手加減なしでね!!』



中島「全力で止めに行きます!ww」



瑞稀「まずは先行はしもっちゃん、意気込みを」



涼「えー、がんばりまーす笑」



『軽いなー笑』



瑞稀「笑 それでは!はしもっちゃんの1回目です!
(笛) ピー!! 」








ボーンッッ



(上のところに当たって入らない)



HiHi「うわー!!」



涼「あー高かったなー」



『そんじゃ、次作ちゃんいこかー』


龍斗「がんばりまーす」






『ピー!! 』




ボーンッッ

パサッッ (入る)



HiHi「おーー!!!」


龍斗「やったー!」



『どうでした?』



中島「いやー、完全に逆突かれましたね」



瑞稀「作ちゃん1回目は成功でした!!」





















(2回目 橋本 〇 作間 ✕

3回目 橋本 ✕ 作間 〇 )




瑞稀「ということで!

1回戦の勝者は作間でしたー」



龍斗「いえーい」



『次は2回戦です!!』