無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

ゆ う ぴ ー 。
前回の続き


優斗side










ハァ、、そろそろほんとにしんどいな……。


あなたの言った通りにすれば良かった…

ちゃんと謝んなきゃ………………



















ガチャッッ )))




「あなた!」



あなた『優斗、ごめん。わたし、自分に当てはめちゃって、自分の事のように捉えて、自分のことしか考えてなかった…。

ごめんね。』



「いや、こっちこそ、ごめん。

強がったりして。

あの、、あり………………」




バタンッッ ))) (←優斗が倒れた音です By 作者)



瑞稀「おい!!優斗!!!!おい!!」




あなた『優斗!!!!』



蒼弥「とりあえずソファ!」



龍斗「俺水買ってくる」



涼「大丈夫か……?」



あなた『もっと早く言ってればよかった…。

しんどかったよね……ごめんね……。』



瑞稀「お前のせいじゃねーよ。」

















~30分後~



「ん……あ、みんな……?


って、寝てるし……笑」




あなた『あ…優斗。よかった

死ぬかと思ったあ(泣)』



「いや、死なないからwww」



あなた『みんなはー、、寝かせとく?』



「ん、そうだね。布団布団~ って、ここレッスン室じゃん。」



あなた『はいばかー!はい、ばかぁー!』



「あーもう口悪くなった、、、」



あなた『ん?なんか言ったー?』



「なんもー!!てか、歌練付き合ってくれね?」



あなた『え、まだ治ってないのに?』



「いや、寝たら治った。」



あなた『あーそ。歌より先に滑舌の練習したら?www』



「そーゆーいじりもういらないから!!」



あなた『はいはいww

ここだとみんな起こしちゃうから、レコ室行かね?』



「え、使えるの??」



あなた『まあ、私なら?』



「おお!じゃあいこー!」



あなた『あ、まって、置き手紙してくね』















“ レコ室で歌練してきます。 佐藤・髙橋 ”



























このあとはあなたと2人で


仲良くラブラブ (←してねえわ! By 佐藤)


レコ室で歌練しましたとさ!!!









もちのろん、体調はすっかりよくなったのん!



(きもい。 ←By HiHi-優斗)