無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第174話

少 ク ラ ポ リ ス





前回の続き




平野side




























永瀬「えー、SnowMan阿部亮平くんから」


佐藤『え!阿部ちゃん…』


永瀬「 佐藤あなたはSnowMan渡辺翔太が好きすぎて楽屋を変えてもらった…と」


佐藤『あっはww』


「これは?」


佐藤『ほんとでーすw』


永瀬「まじで?!」


佐藤『だって翔太くんのことすきなんだもん』


( しょうれん「かわいい……」 )



「どーやって変えたの?」


佐藤『えっと、元々照くん、ふっか、ラウールのとこだったんだけど、無理矢理にでも翔太くんのとこ行こうと思ってたら
翔太くんが許可くれたの』


「あ、翔太くんがいいよって言ってくれたの?」


佐藤『そ。だから無罪でーす』


永瀬「これはー、紫耀どうする?」


「これはー…無罪で!」


佐藤『いぇーい!』



永瀬「でも!! まだあるんです」


佐藤『もういいよw』



「最後!HiHi Jets猪狩蒼弥から」


佐藤『なんやー メンバーが1番怖い』


「佐藤あなたはたまに井上瑞稀に対してDr期になり、
瑞稀が引くほどくっついてくる。」


佐藤『は……?』


永瀬「きっと本人は自覚ないということで
瑞稀本人に来てもらいましたー」


瑞稀「どもー」


佐藤『……』


「井上さん、これはほんとですか?」


瑞稀「はい」


佐藤『……は?』


瑞稀「デレるときはほんとにデレます
ずっとくっついてきて離れないんですよ
仕事の時間になるとやっと離れるんですけど、

「またあとでね、?」 って上目遣いで」


佐藤『そんなこと……』


瑞稀「それで仕事終わると元通りみたいな、」


永瀬「へぇー。」


「意外。」


佐藤『絶対うそ。』


瑞稀「いーやほんと!今度動画撮ってやる、」


「はい、ということで有罪、無罪ときましたが」


永瀬「これは保留ですね、動画次第で」




永瀬「とりあえず有罪はあるんで写真だけ」


佐藤『あ、瑞稀映らないでね』


瑞稀「へ?!」


永瀬「3人でとりまーす」




カシャッッ





佐藤『あざしたー』


瑞稀「え……。」








永瀬「以上、少クラポリス!」


「20周年特別企画でしたーー」