無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第136話

どこのかいとくん、、?





佐藤side


















はろーえぶりーわん! ←英語100点


TravisJapanさんの楽屋いってきますぅ

みんないるかな?

かな? ←























~TravisJapan 楽屋~



『とらびすじゃぱーん!
うーーやっほーい!

まつまつじゃぱーん
うーーやっほーい!』



宮近「ほんと松松すきだよね。」


松倉「勝手に入ってこないで?ww」


松田「別に俺は好かれてないけどね!!!」


『え、元太くんもすきだけど、、?』


松田「えっ、ありがとうございます」


『えっへw 松倉の方がすきだけどおん』


松田「うん、しってるぅ!」


『ならよし!!!』




『えっとえっと、“ カイト ”くんはどこかなー』



トリプルカイト「なーにー?」


『あっ、、、』




『うみくんのほー!』


中村「なになになに キラキラ」


『そんな目で見ないで死んじゃう』


中村「なになになに キラキラ」


『おたんじょーびおめでとう!!』


中村「あー!ありがとうー!!」


『22歳だよね?』


中村「そだよー」


『3つも上なんだね』


松田「俺ら1個しか変わんないよね」


『そうねww』


如恵留「全然あなたちゃんの方が大人」


『元太くんの方がおとなあああ』


松田「あなたあれだもんね、ね、」


『なんだよwww』


松田「なんでもないww」


『如恵留くんの方が大人だよ』


七五三掛「俺の方が大人〜」


TravisJapan - 七五三掛 + 佐藤
「なわけ!!」


七五三掛「ええっ」


『私このグループなにげ閑也が1番大人な気がする』


吉澤「そうなの」


『パパだからか。うん。』


吉澤「ん、なんか褒められてる気がしないw」


『まって、みんな時間平気なの?』


如恵留「えとー、まだ平気」


『次何時ー?』


如恵留「1時間後かな?結構空く」


『そーなの!
じゃあカイトくんどっか行こう!』


松倉「いい...」


宮近、中村「いいよ!!!!」


『ぶはwwww』


松倉「俺じゃないの?!」


『そうだよw
ちゃかはちゃかって呼ぶし
うみくんはうみくんって呼ぶよ』


松倉「俺は?」


『まつく か 松倉 か 海斗くん』


七五三掛「いっぱいあるw」


『好きな子ってあだ名多いよねー』


松倉「好きな子......」


『あ、そーいえば私今日那須に呼ばれてるんだった
みんなばいばーい!!』


TravisJapan「ばいばーい!!」


















あれ、もう主旨わからん

とりまうみくんおめでとうー!