無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第130話

那 須 雄 登





佐藤side


















どーもー!


佐藤あなたです!!
(130話やっててまだ自己紹介?!)




えー現在、撮影中です!!

あ、休憩中ですw


雑誌の撮影なんですけど、

那須雄登と2人の撮影です



なんかなんかなんか

ファン公認カップル的な?

特集で!

撮らせてもらってます!







ん、どうしたの那須くん

なんか話しかけてきたので

行ってきますね




















那須「あなた~」



『ん?どったのどったの』



那須「すきぃぃ」



『へ、、、?』



那須「んうっ すきぃっ」



『は、ひ、、?』



那須「すきだよって~」



『は、ひ、、?(2回目)』







うわ、これDr期きた系男子やね、、、

やばっ、むり。

那須のデレ期とか、、、、

しんどいだけやん?!


とりま動画撮っとこ。うん。


















那須「んんっ 撮るなぁ~ えへへ」



『雄登くん雄登くん』



那須「んーー?」



『あたしに愛の告白して、、?』



那須「あなたすきぃっ」



『わはw きゃわうぃ』



那須「んー、、 (抱きついてくる)」



『うげっ、、、 え、あつっ。

熱あんのかよー
ま、デレる=熱 ってありきたりだよね~』



那須「んんぅ あなた~」



『はぁー、、かわいいなおい

すいませんー


那須くん熱出してるので
今日は帰ってもいいですか?』



スタッフ「そうだったんですか。
無理させてしまいすみません」



『いえいえ!
じゃあ失礼しますね
お疲れ様でしたぁ』















とりあえずおうちかえりましょーねー


那須きゅんのデレ期いつおわるかなー