無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第119話

脱 退
※一旦話変わります










佐藤side








~HiHi Jets楽屋~






『ねえみんな。』



HiHi - 佐藤「なあにー?」



『ちょっと真面目に聞いて欲しいんだけど…』



瑞稀「なに、改まって」






『私、ジャニーズ辞める。』



HiHi - 佐藤「は、、、、?」



『社長にね、

もうお前は必要ない。

って言われたんだよね笑』



涼「お前何言ってんの?」



蒼弥「あなたが必要ないわけないじゃん」



瑞稀「どうせあれでしょ、エイプリルフールでしょ」



『違うの。ほんとに。
わたしもそろそろかなー?なんて思ってて』



龍斗「意味わかんないんだけど」



涼「なんで1人で決めようとすんだよ」



『もう決めたんだ。社長にも話してあるから。

今日の収録終わったら、会見開こうと思う。
それで私のジャニーズ人生は終わり。
女優として生きてくから。』





















優斗「まじふざけんなよ!!!!!」



『え、、、、?』



優斗「勝手に決められたらこっちが困るんだって
なにいい人ぶってんの。
俺らがそんな簡単にあなたのこと手放すとでも思った?」



『なにが。私の人生私が決めて何が悪いの』



龍斗「2人ともそんな言い方しなくても」



『大体、ジャニーズに女子なんか向いてないんだよ。
アンチとか、、、だんだん悲しくなってくるし
私がいない方がファンの子もいいと思うし。』










瑞稀「あなたがそうしたいならそうすれば」



涼「瑞稀、、、?」



瑞稀「確かに、俺も抜けて欲しくない。

でも、俺らが決めることじゃない。
ただ、最後までちゃんとジャニーズしろよ」



『瑞稀........』

















やべぇ、、、、

納得してくれると思わなかったし


なんか涙出てきたし、、、、、




ごめんねみんな。




















『実はエイ........』



HiHi - 佐藤「てってれーーー!!!!!」



『は、、、、、?』



優斗「ドッキリでしたーーー!!!」



『は、、、、、?(2回目)』



蒼弥「あなたがエイプリルフールやってくると思ってたからみんなで計画してたんだよ」



『は、、、、、?(3回目)』



龍斗「だから、エイプリルフール!」



『てかさ、もう午後なんだよね』



瑞稀「え、じゃあほんとに脱退、、?」



『え、そのつもりだった、。』



HiHi - 佐藤「は?」



『ってゆーのもエイプリルフールでーす』



瑞稀「もーあなた嫌い」



『え、うちも嫌い』



瑞稀「ねえごめん」



『wwwwwwww』



優斗「瑞稀くんほんとツンデ....」



瑞稀「あ?」



『まあ脱退しないんで、
これからもお願いしまーす!』

















みんな優しいなおい


ファンの子使ってごめんね!!!