無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

山 田 く ん 。
前回の続き


※長くなります!!(2000字超えてる)






佐藤side













~18:00 銀座駅~




『山田くんっ コソッッ)) 』



山田「おお、車、、、」



瑞稀「はわわわわ……」



『瑞稀、やめなさいっ』



瑞稀「はいいいい」



山田「えっとー、どこ行くの?」



瑞稀「あなたんち!!!」



『はあ?!←←←』



瑞稀「え、違うの?じゃあどこ?」



『き、めてない……』



山田「え、決めてないの?」



『は、はい……』



山田「んー、じゃああなたちゃんの家でいいや」



『えっ?!いやいやいや、、汚いですよ…』



瑞稀「言っとくけど汚くないですよ?!」



山田「はいはい、れっつごー」



『はぁ、、、、いきまーす』


























私の部屋に入れませんよ……


実は二宮くん部屋の他に、、、、




私の部屋にはHiHiさんだらけなんです……



全員分のうちわと……

写真とか……

ポスターとか?!



やばいやばい

ぜってぇ入れねえ。



















『つきましたー』



瑞稀「おじゃましまーす」



山田「でか……。さすがジャニーズ←」



『瑞稀と同じこと言ってる……』



瑞稀「ぎゃああ」



『うるせぇ。』



山田「えっとさ、、ご飯食べるんだよね…?」



『あ、、、、、←』



瑞稀「え、あなたが作るんでしょ?」



『はあっ?!』



山田「え、違かったの?」



『井上瑞稀さん、私が料理できる人だと思ってます?←←

橋本でもわかるで? (失礼) 』




瑞稀「もー、、、、どうします?」



山田「やっぱりどっか食べに行きますか?」



『そうしましょう(即答)』



瑞稀「わー。じゃあまたここ戻ってこよ」



山田「じゃあれっつごー」



『それ好きなんすか←』
















~ご飯食べた後~







『ただいまーっ』



瑞稀「ただいまーっ」



山田「おじゃましまーす」



『もう10時半じゃん』



瑞稀「めっちゃ喋ったもんねー俺が←」



山田「もう疲れた……」



「あ、さっき行く間にお風呂沸かしといたんで入ります?

てか、泊まってきます?」




山田「えっほんとに?」





瑞稀「とまりましょ!

山田くんお風呂お先どうぞ!!!」





山田「ありがとうっお先に!」



『はーいっ』



















~お風呂~




『(ドア越し)山田くん?那須のですけど服置いときますね~』



山田「ん、ありがとう」




















瑞稀「じゃあ俺入ってくるね~」



『これも那須のだけど!』



瑞稀「ありがとー」



































『じゃあそろそろ寝ましょか!』
(佐藤も風呂入ったからね?)




瑞稀「おれあなたの部屋で寝たいー」



『おい。』



山田「ん、俺も……」



『はい?!』



瑞稀「ってことでれっつごー」



『あ、あの!!!

私あれすよ?いつもリビングで寝てますよ?』



瑞稀「え、嘘でしょ。ベットあるでしょ。」



『ほんとにほんとに!!』













部屋入れるなんか無理みの極み←



笑われるだけ……←






















山田「ねえ、瑞稀どっか行っちゃったけど」



『は?!えっ、ちょ!!!!』











ガチャッッ)))


瑞稀「え………………」









あっちゃー、、、、、、

最悪や…………











瑞稀「す、すっげええええ!!!!!」



『へ?』



瑞稀「さすがあなただね!!

やばい!こういうのうれしい!!」



山田「すごいね……」



『あー、、あはは……』



瑞稀「てか、ベットあるじゃんよ!」



『あー、ごめんなさい』



山田「どう寝る?」



『山田くんベットどーぞ!!』



瑞稀「どーぞ!!!」



『瑞稀そっちね~』



瑞稀「はーい←」



『じゃあ電気消すよ!!おやすみ~』



2人「おやすみ~」






















『ヒャアッ 』



瑞稀「しーっっ」



山田「スーッスーッ 」

















な、な、、、



瑞稀バックハグすきやな…


というか、、、


くっつきすぎ!!!







告白されてるから余計ちょっと意識してまうやんっ




これ、ファンの人からしたら……


ぎゃあああああああああああああああ


って感じなんだろうね←←←
















まあ、寝れる訳もなく…………


この状態のままですね…。




朝を迎えてしまったんですよっっ





あ、それ以上は何も無いですよ?!?!