無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

ス タ バ 。
優斗side













蒼弥「ということで!さっそく第1回戦行きたいと思いまーす」



佐藤『順番は??』



瑞稀「はいはい!!!

チーム戦にしない?」



蒼弥「お、いいじゃん」



「だめだめだめ!!!
余計高くなる!!!!」



佐藤『じゃあ2人ずつで!グッチョッパしよ!』



龍斗「ぐっちょっぱーでわっかれーましょ!」



























たかさくぺあ


はしがりぺあ


さとみずぺあ




















「ぎゃああああガチ勢組になってしまったあ」



佐藤『瑞稀がんばろーぜっ』



瑞稀「もち、毎回飲むぜっっ」



蒼弥「wwwwそれではいきましょー!


順位は…………第3位!ですね!


相談タイムーすたあと!!」





佐藤『れっつしんく!!!』



涼「3Awwww」























































蒼弥「じゃあまずは髙橋・作間ぺあ!」







「えー僕達が選んだのは!
ダークモカチップフラペチーノ ? ! です!」





蒼弥「選んだ理由は?」




龍斗「なんか、ビター系って結構人気なんじゃないかなって思って、

でも1位とか2位ではないかなってなりました」




涼「なるほどね~」














はしがりぺあ→ キャラメルフラペチーノ






さとみずぺあ→ たかさくと同じの












( 順位とか適当に作ってます!! )






蒼弥「それでは!正解の発表をお願いします!」




店員さん「はい。第3位は……



































ダークモカチップフラペチーノです 」





さとみず「よっしゃあああああああああ!!」



たかさく「やったー」



「ええでも素直に喜べないwww」
























蒼弥「それじゃあ4人どーぞー」



たかさくさとみず「いただきまーす!!」




涼「いいなあー」



さとみず「うまあああああ!!!!!!」



佐藤『苦いけどおいしい……

ビター好きな私にとって最強で最高』




瑞稀「やばいやばいやばい」



龍斗「うん、おいしい」



「えっうま!!」












佐藤『これ、540円だって』



瑞稀「え!思ってたより安い」



涼「こんくらいだったらみんな飲んでても平気じゃね?」



「誰も飲まなくていいよ!!!」