無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第158話

お 誘 い
前回の続き




北斗side























佐藤『ここどこっすか、』



「樹も一緒に来て」



樹「ここ......

北斗今日は男だな (小声)」



「うるせぇ行くぞ」
























「あなた終わった?出てきてみ」



佐藤『いや終わったけどこれ....』



樹「あけるよー」



ガラッッ




佐藤『あーちょ、、、』



「ん、いいんじゃん?」



佐藤『いやー、、』



「あとこれ付けてみて (髪飾り)」



佐藤『こ、こう?』



「うん。似合ってる。

じゃあこれ全部お願いします」



佐藤『全部?!
いいよいいよ!こんな高価な...』



「今日はいいよ

てかさっきの服では行かせらんねえし」



佐藤『いやでも......』



樹「今日は北斗に甘えていい日だよ?ね?」



「おう」



佐藤『じ、じゃあ....お願いします......』



「一括でお願いします」






店員「ありがとうございましたー」



樹「んじゃ、行こっか」