無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第153話

金 ? 青 ?! やっぱり……?





前回の続き




佐藤side


















~ King&Prince 楽屋 ~



コンコンッッ

ガチャッッ



『失礼しまーす』



岸「あなたー!!!!」



平野「あなたちゃん!」



『(無視)じんくんはー??』



永瀬「今海人とどっか行ってる」



『え、じんくんいないなら意味ない。
待ってる。』



岸「そんな事言うなよ」



















10分後……








プルルルルッ


『もしもしー』



優斗「(電話)今どこ?リハ始まるから早く来て!!」



『えっ、もうそんな時間?』



優斗「(電話)はやく!10秒できて!!」



『楽屋?!スタジオ?!』



優斗「(電話)楽屋行ってからスタジオ!」



ブツッッ








『じんくんあいたかった!!

またくるから!!!』






瑞稀「はいはいはやくいくよ」




















~ スタジオ ~






『はぁ、、、遅れましたすみません!!!


って、じんくん?!』



神宮寺「HiHiのリハ見ようと思って」



『あーもう最悪だ......』



瑞稀「連絡すればよかったじゃん」



神宮寺「待ってたの、、?」



『うん......』



神宮寺「あはは、ごめんね?」



『いいよ♡』



瑞稀「機嫌直るの早すぎ」



スタッフ「HiHiJetsさんスタンバイお願いします
そのあとマイクチェックお願いします」



HiHi「はーい」
























じんくんにごめんねっていわれるとき

頭ぽんぽんされたからもういい!

がんばるもん!!!


収録おわったらご飯誘おう




あっ、髪色は決めたんで今日いってきまーす

じんくんについてきてもらおうかな、、?


みんな楽しみに待っててね♡♡