無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第121話

じ ゃ に ー ず し ょ っ ぷ
前回の続き




No side












瑞稀「男二人でジャニショはダメだって。」



涼「バレないわけないしねww」



瑞稀「みんな気づかないでくれーー」



涼「並んでる時からってもっと無理だよね」



瑞稀「それな」



涼「あ、でも入れそう」



瑞稀「ほんとだ」


















涼「入れたね、、笑」



瑞稀「なんか優斗達よりバレないって悲しくないww」



涼「それw」



瑞稀「Jr.のコーナー向こうだって」



涼「ん、いこ」

















瑞稀「うわーあなたの写真ーーー」



涼「おい、声でけぇから」



瑞稀「買お、買おうあーあと山田くんのも」



涼「長居するとバレるよ?」



瑞稀「はやくするから!!!」





















瑞稀「やまだくんーやまだくんー」



女の子「あのっ、、、、」



瑞稀「へ、、?」



女の子「井上瑞稀くんですよね、、、?」



瑞稀「あっ、、、はい笑」



女の子「わーやっぱり!!」



ほかの女の子たち「ぎゃああああああああ」







瑞稀「はしもっちゃん!たすけてえええ」



涼「バレたのwwww」



女の子たち「はしみずが、、、!!!!」



瑞稀「これで終わりじゃん」



涼「どうやって出ればいいの?!」



瑞稀「あ、あそこだって」



涼「みんなばいばーい」



女の子たち「ぎゃああああああああ(2回目)」































瑞稀「いやー、惜しかったなー」



佐藤『ねえあたしの写真買おうとしないでよ』



涼「山田くんの選びに行ったらバレたw」



龍斗「あれじゃない?
元からバレてたけど声掛けられなかった
的な」



涼「あーなるほど?」





優斗「そんじゃあ最後はさとさくなんだけど、
Twitter見てみない??」



佐藤『お、いいじゃん』




蒼弥「いがゆと と はしみず がいた、、、
どこかにさとさくも、、、?
だって」



龍斗「もうバレてんじゃんやば」



優斗「HiHi4人だよ、、2人がいないわけない!」



佐藤『うわ、勝ち目な。』




優斗「じゃあそろそろ!!!」



龍斗「いこっか。」



佐藤『そーね』

(手繋ぐ)




瑞稀「ちょちょ、、、ストップ。」



涼「え、なにしてんの笑」



さとさく「さ・く・せ・ん・!」



佐藤『いってきまーすぅ』



龍斗「さーちゃん♡」



佐藤『まって、それだと作間もさーちゃんw』



龍斗「あ、そっかww」



佐藤『まってwwwww作間やだぁんwwwwww』



龍斗「wwwwwwww」



優斗「すぐばれるよあれは」



蒼弥「いや、逆に声掛けずらいかも」



瑞稀「..................」



涼「瑞稀くんーーwwwwww」