無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

#12
507
2022/03/31 10:27
レイside
ダンッッ
レイ.
くそっ……!
鍵をかけられた…
どうしてだよあなた!!
あなた
しばらくそこにいて。戻ったらちゃんと出すから。
あなた
エマとノーマンが向かってる柵の方に行ってくる。
レイ.
誰も1人にしたくないってどういう事だよ!!
あなた
…すぐに分かるよ
ママ(イザベラ)
早く行きましょう、あなた。
あなた
うん
やばいどうする最悪だ!
シスターを排除?
俺も用済み?
あなたが裏切った?
とにかくここを出なければ……
バゴォォォン
レイ.
ドン!わりい!!
ドン
そんなことよりレイ!!
レイ.
そうだ!
ギルダ
あっ
ダッ
レイ.
ギルダ!来い!!
ギルダ
えっ下見中止?!エマを止めるの?!
ドン
下見強行だ!!ママとあなたを止めるぞ!
ギルダ
あなた??!
ママは満期出荷をまだ諦めていない
『即出荷』は無い!!
……でも事情?
とにかく下見を止めても意味がない、いや
この先に待つのは直接支配!
今を逃せばもう二度と下見のチャンスはない!
ママに阻まれる前に何がなんでも下見させなければ…!









ノーマンside
…足音?それも2人?
エマ
………
.ノーマン
エマ
エマ
うん!
ザッザッザッ
エマ
ママとあなた…?
エマ
どうしたの?
どういう事だ?!
レイは?ドンは?ギルダは?なぜママが、
いや一番はなぜあなたがここにいる?
考えろこの状況一体何が起こっている?
目的は何だ?何しに来た?まさか
『即出荷』!!?
ママ(イザベラ)
10年
エマ
えっ
ママ(イザベラ)
10年一緒に暮らしたけれどお芝居抜きでお話するのはこれが初めてね。
エマ
……?
ママ(イザベラ)
初めましてエマ、初めましてノーマン
ママ(イザベラ)
ほらあなた達も楽にして
ママ(イザベラ)
大丈夫よ私達だけ、周りには誰もいない、何も知らないイイ子のフリなんてしなくていいの
ママ(イザベラ)
今ここではただの飼育監と食用児
ママ(イザベラ)
それと食用児の裏切り者さん
裏切り者…?
エマ
……あなた?
あなた
そうだよ
.ノーマン
どうして…あなた…?
なんであなたが……
あなた
…もしかして気付いてなかった?
あなた
…でも、それなりの違和感は感じてたでしょ?
あなた
俺は1人にしたくないだけなんだよ。
エマ
…誰を?
あなた
ノーマン、君だよ
.ノーマン
……は?
エマ
どういう事……?
あなた
だから諦めて、抗わないで
…………待て、動揺するな
あなたの裏切りは予想外、だけど下見程度で『即出荷』は有り得ない!
下見は続行する。
.ノーマン
分かったよあなた…
.ノーマン
でも、もういい子は辞める。
エマ
行って!ノーマン!!
こういう事だよね、あなた。
あなた
ごめん、ノーマン、エマ、レイ、ドン、ギルダ。
.ノーマン
……え?
あなた
ノーマン、君の判断は間違ってないよ。
あなた
だけど理由があるんだ、許してくれ…
バキッ
エマ
……あ
エマ
あああああ”あ”あ”あ”あ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ッッ!!!!!!!!!
あなた
ごめん、エマ……










あなたside
目の前で苦痛にもがき苦しんで叫ぶエマに俺は謝ることしか出来なかった。
俺は多分、この世界を『ただの物語』としか思っていないのだろう。
だって、心では悪いと思っていながらも俺の頭の中は「冷静」の一言で済むほど、落ち着いていた。
ママ(イザベラ)
Shhh…よしよし、大丈夫よ
ママ(イザベラ)
痛くない、痛くない
ママ(イザベラ)
あぁ、かわいそうに…私の可愛いエマ。
エマの足の骨折も『物語』の大きな鍵となる。
ママ(イザベラ)
だからあなたは「諦めて」と言ったのよ。
だから、ノーマンに『物語』通りになるように行動させた。
ママ(イザベラ)
でも久々のハグは嬉しかったわ
ママ(イザベラ)
ノーマンもよく気づいたわね、素晴らしいわ!
本当に自分が嫌になる。
でも俺はもう、間違えない。
ママ(イザベラ)
そうよ、私はあくまで『制御』する
ママ(イザベラ)
あなた達はそれほどまでに『特別』なのよ
ママ(イザベラ)
特別なお方しか食べられない、特別な食用児ごはん
ママ(イザベラ)
私が育てた最上の食料こどもたちなの
ノーマン
だったら……
ママ(イザベラ)
だからこそ守らねばならない、何としてでも。
あなた
ごめん、諦めてくれないならこうするしかなかった。
あなた
でも、これでエマはしばらく出されない。
ノーマン
(…出されない?)
ママ(イザベラ)
えぇ、無事明日を迎えられるわ
エマ
……「明日」?
あなた
そう、明日
ママ(イザベラ)
大人しくお祝いしてね、エマ
ノーマン
?!
ママ(イザベラ)
……本部うえから通達があった


















ママに出した、手助けの条件……










ママ(イザベラ)
おめでとうノーマン、あなた、あなた達の出荷が決まったわ。
















エマ
……え…?
NEXT
あ、あの…スンマセンッッ!


サボりましたッッ!
は、話変えますけど…この展開予想できていた人がほとんどだと思います…
つまんなくてスンマセンッッ!
あ、後…もう少し意外と続く気がしたので多分続きます!
一応結末は漫画の通りに進めさせていただきます!
あ、後、すこ〜しだけ、前回の内容変えました!
気づかないと思うので、見なくとも大丈夫だと思います!
あ、後これから更新するにあたって偉そうで本当に申し訳ありませんが、その方がやる気でると思うので、条件を出させていただきます!
♡×85
になったら続きを描こうかと思います💦
結構強気に言ったけど大丈夫かな……スンマセンッッ!
じゃぁ、また次回…