無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第92話

眠り姫



in リビング





テヒョン
テヒョン
も〜、ジニヒョンなんですか〜…。
ユンギ
ユンギ
俺寝てたんだけど…。
ジミン
ジミン
ヒョン、僕もです〜…。
ナムジュン
ナムジュン
話って、…なんですか…?
ジン
ジン
今、犯人から電話があった…。
ホソク
ホソク
え…?!なんて言ってましたか…?!
ジン
ジン
守るなんて無理だから、って…
テヒョン
テヒョン
さっき話したことですよ?!
グク
グク
(まあ、一緒に聞いてたんでね。犯人がㅋㅋ)
ジミン
ジミン
盗聴器とか、仕掛けられてるんじゃ…!
ジン
ジン
僕もそう思う…。
ナムジュン
ナムジュン
これから、探しますか?
ユンギ
ユンギ
下手に動くとあなたが危険だ…。
グク
グク
(さすがユンギヒョン、わかってる〜!)
ホソク
ホソク
確かに…。
テヒョン
テヒョン
犯人は…サセンとかじゃないですか…?
ジミン
ジミン
僕も…その可能性が高いと思います…。
グク
グク
(その方向でいけば、僕は疑われないなㅎㅎ)
ユンギ
ユンギ
…グガ?なんでさっきから何も言わないんだ?
グク
グク
え…?
グク
グク
(うわ、やらかした…。どうしよ…。)
グク
グク
そ、それは…
グク
グク
(どうしよ、みんな見てる…。)
グク
グク
あなたを助ける方法を…、考えてたんです!
グク
グク
(騙せるか…?)
ジン
ジン
そっか、そうだよね。
ホソク
ホソク
うん!絶対に助けよう!
グク
グク
はい!
グク
グク
(騙せた〜!よかった…。)














next