無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

眠り姫
jungkook side


ガチャ🚪








グク
グク
ふぅ、やっと行った…。




あなた、助けに来たよ…。




僕はあなたの耳元で囁いた。

グク
グク
あなた起きて…。
(なまえ)
あなた
ん〜…、へ?
(なまえ)
あなた
ぐ、グクオッパ?!
グク
グク
これから話す事をよく聞いて。
(なまえ)
あなた
え?あ、うん。
グク
グク
僕はこれからあなたを虐めるためにここに来る
グク
グク
ナユンさんと一緒に虐める。
グク
グク
殴ったり、蹴ったりはしない。
グク
グク
刃物で虐めようってなった。
グク
グク
もちろん本当にやったりはしない。



ここまで、僕が変なことを言っているのはわかってる。でも、あなたは真剣な眼差しで、頷いている。
グク
グク
それで、ナユンさんに信頼してもらってあなたを連れ出す。
グク
グク
ナユンさんは僕のことが好きみたいだから、すぐに信頼してもらえると思う。
グク
グク
それまで僕に合わせてほしい。
(なまえ)
あなた
合わせる?
グク
グク
うん。例えば、僕がサイコパス的な発言したら怯えるとか…。
(なまえ)
あなた
…うん。わかった。
グク
グク
あと、僕がナユンさんを好きみたいな発言するけど主語は全部あなただから…///
(なまえ)
あなた
え、ありがとう…///
グク
グク
急に変なことお願いして、ごめん。
グク
グク
でも、他にあなたを助ける方法が思いつかなかった…。
(なまえ)
あなた
大丈夫!オッパのこと信じてるから!😊
グク
グク
あと、あんまり笑顔になっちゃだめだからね?
(なまえ)
あなた
うん!
グク
グク
絶対にあなたを助けるから、それまで待ってて。
(なまえ)
あなた
うん。




















next