無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第85話

眠り姫


jungkook side


さっきあなた泣きそうだったなぁ〜ㅎㅎ





ホントに可愛いんだからㅋㅋ





あとは、僕がヒョン達にバレないようにあなたに話しかければ、僕のものになるよねㅎㅎ




ヒョン達も、ホントにバカㅋㅋ




さっきだって、ごはん中なのに誰もあなたに話しかけないし!





いつもだったら、沢山あなたに話しかけるのにㅋㅋㅋ





さて、あなたの部屋行くか〜!










コンコンッ🚪






(なまえ)
あなた
は、はい…。(泣)




ガチャ🚪





グク
グク
あなた…。大丈夫…?
(なまえ)
あなた
グクオッパ…(泣)
グク
グク
大丈夫じゃないよね…。
(なまえ)
あなた
…(泣)
グク
グク
あなた、おいで…。



僕は手を広げて、あなたを待った。




来てくれるかなぁ〜?




(なまえ)
あなた
グクオッパ〜(泣)


やっぱり来たㅎㅎ




ホント、可愛いㅎㅎ



グク
グク
ほら、泣きやんで?あなたの可愛い顔が台無しだよ?
(なまえ)
あなた
うん…。グスッ…。




僕はあなたの背中をトントンしながら




あなたを抱きしめた。




グク
グク
泣きやんだ…?
(なまえ)
あなた
うん…。ありがとう、グクオッパ…。
グク
グク
うん!
(なまえ)
あなた
ねぇ、オッパ…。
グク
グク
ん〜?
(なまえ)
あなた
なんでジンオッパ達、私のこと無視するの…?





この質問、待ってたよ〜ㅎㅎ





グク
グク
それは…












next