無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

眠り姫



SUGA side




今、ジニヒョンが






慌ててみんなを起こしに来た。







何事かと思って









話を聞くと





   

犯人から電話があったそうだ。 









みんな焦って







問題の解決策を





考えてる








でも、グガだけ







いつもと変わらない顔をして









一人で黙っている





気になって俺は聞いてみた




ユンギ
ユンギ
…グガ?なんでさっきから何も言わないんだ?



そういった途端、





メンバーたちはグガを







見つめた








そしたら、いきなり焦り始めて







あなたを助ける方法を考えてた





そう言った






でも、俺は気づいた





それが





嘘だって








なんで嘘か気がついたか?







だって、グガが嘘をつくときの癖が






でてたから。











きっとグガは何か知っている






俺たちに隠してることがある









そう確信した。









SUGA side 終わり














next