無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

眠り姫
テヒョン
テヒョン
みんな〜〜〜〜!!!!
ナムジュン
ナムジュン
どうした?
テヒョン
テヒョン
あなたが、あなたが…!
ユンギ
ユンギ
テヒョア、落ち着け。
ジミン
ジミン
テヒョア、あなたがどうしたの?
テヒョン
テヒョン
…、あなたが電話で助けてって!
ホソク
ホソク
どういう事?
テヒョン
テヒョン
わかんないんですけど、∆∆∆にいるみたいで…!
ジン
ジン
じゃあ、∆∆∆に行こう!
グク
グク
…そうですね!
ジン
ジン
車出すからみんな乗って!
BTS
BTS
はい!
グク
グク
(あなた、無事でいてくれ…!)







∆∆∆に到着!







ホソク
ホソク
あなた〜!!
ジン
ジン
あなた〜、どこ〜!!
テヒョン
テヒョン
ヒョン、あなた電話切れる前に意識途切れかかってた…!
テヒョン
テヒョン
だから、呼んでも返事無いと思う…。
ユンギ
ユンギ
じゃあ、1つずつ部屋見ていくか。
BTS
BTS
はい!






そして、テヒョンたちは1つずつドアを確認してあなたを探した。




しかし、
グク
グク
全然いない…。
ナムジュン
ナムジュン
後、ワンフロアだから、がんばろ。
グク
グク
はい…。



そして、最上階

1つずつ部屋を開けた。そして、1番奥の部屋。
テヒョン
テヒョン
ここにいなかったら…
ジミン
ジミン
大丈夫…いる。きっといるよ。
ナムジュン
ナムジュン
じゃあ、開けるぞ。





ドアノブに手をかけた。






ガチャ!ガチャ!
ナムジュン
ナムジュン

開かない…。
ホソク
ホソク
カギがかかってるんだよ!カギ貸してもらいに行こう!
ユンギ
ユンギ
俺も行く。




そしてユンギとホソクがカギを持って帰ってきた。
ユンギ
ユンギ
じゃあ、開けるぞ。


ガチャン。






next