無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

眠り姫
ピンポーン
ナユン
ナユン
あっ!グクさん❤️
グク
グク
こんにちは、ナユンさん😊
グク
グク
会いたくなって来ちゃいました!
ナユン
ナユン
ほんとですか?!嬉しいです!
ナユン
ナユン
でも、なんで急に?
グク
グク
ナユンさん、あなたが嫌いなんですよね?
ナユン
ナユン
え…、はい。
グク
グク
実は、僕嫌いなんです。www
ナユン
ナユン
そうなんですか!www
グク
グク
だから、一緒にあなたのこと虐めませんか?
ナユン
ナユン
いいですよ!www
グク
グク
よかったー!ナユンさんわかってくれると思ってました😊
ナユン
ナユン
嬉しいです🤭
ナユン
ナユン
何します?
グク
グク
んー、まずはあなたに恐怖心を与えたいですねwww
ナユン
ナユン
なるほど!さすがグクさん!
グク
グク
最初に僕の裏切りから始めましょーかwww
ナユン
ナユン
私はどーすればいいですかー❤️
グク
グク
恐怖心といったら何だと思います?
ナユン
ナユン
え、んーと…
グク
グク
暴力じゃないんです。刃物を見せればいいんです。
ナユン
ナユン
なんで暴力じゃないんですか?
グク
グク
暴力だと自分たちの手が痛くなっちゃうでしょ?
ナユン
ナユン
でも、それぐらいなら…!
グク
グク
それに本当に嫌いな子には触りたくもないしね〜www
ナユン
ナユン
そうですね!
グク
グク
じゃあ、ナユンさんはてきとうに刃物買ってきてください!
ナユン
ナユン
グクさんは一緒に行かないんですか?
グク
グク
僕は裏切りを見せるためにあなたのところに行ってきます。www
ナユン
ナユン
でも、一緒に行きたいです…。
グク
グク
ナユンさん、僕はナユンさんと一緒にあなたを虐めたいんです。
グク
グク
ここで写真なんか撮られたら、一緒にいれる時間が少なくなっちゃうんじゃないかな〜?
ナユン
ナユン
そ、そうですよね!じゃあ、1人で行ってきます!
グク
グク
はい!ありがとうございます!
グク
グク
あと、あなたの部屋どこですか?
ナユン
ナユン
あ、地下室です!
グク
グク
へー!地下室があるなんてすごいですね!
ナユン
ナユン
…ありがとうございます///



ガチャ🚪



グク
グク
あ、あなた寝てますねwww
ナユン
ナユン
そうですね
グク
グク
どれくらい怖がってくれるかな〜
グク
グク
あ、ここって監視カメラとか、盗聴器とかありますか?
ナユン
ナユン
なんでそんなこと聞くんですか?
グク
グク
いや、なかったら買おうかなって思って…
ナユン
ナユン
ここないんです!すいません!
グク
グク
も〜、ナユンさんたら〜!
ナユン
ナユン
あ、じゃあ刃物買うついでに買ってきますよ!
グク
グク
ホントにですか?!ありがとうございます!
ナユン
ナユン
い、いえ…///
ナユン
ナユン
じゃあ、行ってきますね!
グク
グク
はい!行ってらっしゃい!











ガチャ🚪














next