無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

海と言えばナンパですね〜
宮侑
宮侑
くらえっ!俺のキツネアタッークッ!
尾白アラン
尾白アラン
おまっっ!!遠く飛ばし過ぎやッッ!
宮治
宮治
ツム!!手加減しろや!







何やってんだアイツら…





珠菜
珠菜
海に来てまで球技か〜い!
(なまえ)
あなた
楽しそうやしええんとちゃう?





うちらはとゆーと。





浮き輪に乗りながらプカプカしてます


(なまえ)
あなた
あ〜こんまま寝れそ〜
珠菜
珠菜
海に来てまで寝るのはやめなさい
(なまえ)
あなた
せやなぁ…






________カシャッ









(なまえ)
あなた
こら、倫。うちの写真は高いで
角名倫太郎
角名倫太郎
え、なんで分かったの?
(なまえ)
あなた
まず海ん中でスマホは危ない。
角名倫太郎
角名倫太郎
これ防水
(なまえ)
あなた
海水はあかんやろ
角名倫太郎
角名倫太郎
海水も大丈夫



1年にはタメ語、名前呼びを許可した。強制的に










角名倫太郎
角名倫太郎
あなたさん、海似合うね
人魚姫みたい
(なまえ)
あなた
サラッと言うたな
珠菜
珠菜
聞いとるこっちが恥ずかしいわっ!




なんて話していたら


















宮侑
宮侑
抜け駆けすんなやー!角名ぁああ!!
角名倫太郎
角名倫太郎
おー、こわっ
宮侑
宮侑
こっちこいっ!!ビーチバレーするで!
角名倫太郎
角名倫太郎
はいはい。




倫は面倒くさそうに侑の方へ






珠菜
珠菜
うちらも一旦上がる〜?
(なまえ)
あなた
喉乾いたしな〜。上がろか










足がつく所まで泳ぎ、腰にあった浮き輪を取り


濡れた髪をかき上げる。





「めっちゃべっぴんさんはっけーん!」




同い年くらいの男ら3人。
ナンパか。


「俺らと遊ばん?少しでええねん!」
(なまえ)
あなた
間に合ってんで



「嘘や〜ん!女の子2人なんやろ?」


「俺ら飯奢ったるで!」


珠菜
珠菜
まじうざっ。



「はあ?ビッチのクセしてガード硬いとか無いわ〜」

(なまえ)
あなた
あ?もっぺん言うてみ


「ビッチなんやろ〜?怒んなや!笑」



見た目で判断する奴がいっちゃん嫌いやねん




(なまえ)
あなた
うちまだ処女やねんけど。
どつき回したろかほんま


「処女?笑 なわけないやろ〜!」

「そんな見た目でよう純粋ぶれたなー!笑」
珠菜
珠菜
あなたは正真正銘処女やで。
自分らみたいな下等生物が相手にして貰える訳ないやん!まぢ乙!笑



「か、下等生物やと?!」


「処女かどうかは俺らが確かめたるわ」






男らはうちの手を掴もうと近付いてくる。














_________パシッ






「なっ、なんやねんっ!!!」






















北信介
北信介
そちらさんこそ。
俺の女になんか用あるんか?





私の前に立ったのは信介で



男子の平均身長にもかかわらず、なんだろう

このいやつ感。




「ほんまに男おったんかいっ!」

「ビッチはやっぱ男遊びせんとな〜!」





とか逃げ腰の奴らに言われたもんだから


(なまえ)
あなた
処女やって言っとるやろがっ。
ほんま絞めたるぞ
珠菜
珠菜
痛い目合わせたろか?
大耳練
大耳練
はいはい。柏はこっち
珠菜
珠菜
うえっっ?!練ちー?!



珠菜が練ちーに誘拐された





北信介
北信介
あなた
(なまえ)
あなた
は、はい。



信介の顔を見ると少し照れた顔で




北信介
北信介
女の子が知らん男に……その…あれやッ
ヤッた事ないとか言うたらあかん…。
(なまえ)
あなた
そ、そうやなぁ…。あかんかったな
北信介
北信介
てか…処女やったんやな……
(なまえ)
あなた
処女ですよぉ?見た目と大違いやろ?
北信介
北信介
だから、ゆーたらあかんて
(なまえ)
あなた
言わせたん信介やんかっ!
北信介
北信介
ハハッ!せやなっ!








こんなマジマジと笑顔見たん初めてや








(なまえ)
あなた
信介、あんたもっと笑いや?






北信介
北信介
そっくりそんままあなたに返すわ




まだまだ夏は終わりません。






▷▶︎▷▶︎NEXT