無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🗝✣



in ・ ・school


🐯
🐯
ユラン、バイバイ(ヾ(´・ω・`)


てーくんとはクラスが違うのでここでお別れ
🐻‍❄️
🐻‍❄️
バイバイ、お昼でね(*˙︶˙*)ノ゙
🐯
🐯
うん!
💭可愛い可愛い可愛いk.....





______


____



ガラガラ🚪
🐻‍❄️
🐻‍❄️
おはよぉ(*´Oゞふぁ~


クラスメイト『おはようユランちゃん!!』

🐻‍❄️
🐻‍❄️
だから僕は男だってば!(⑉・̆-・̆⑉)


なんでいつもみんな


僕を女の子みたいに呼ぶんだ!


クラスメイト『グッ!なんて可愛いんだっ!』


🐣
🐣
ユラン〜!♡
🐻‍❄️
🐻‍❄️
ちむ〜!おはよ!


僕の友達ちむちむの登場〜!

🐣
🐣
可愛い...僕と結婚して...
🐻‍❄️
🐻‍❄️
え!?でも僕h


ガラガラ!🚪
🐯
🐯
パク ジミン!!!  てめぇ!!



クラスメイト『彼氏来たㅎㅎㅎ』


>学年公認です!
🐻‍❄️
🐻‍❄️
え?なんでてーくんいるの?
🐣
🐣
邪魔しないでよ!テヒョンア!
🐯
🐯
ユラン、安心してね!

変態餅は退治するから!
🐻‍❄️
🐻‍❄️
へんたいもち??
🐣
🐣
〜!
🐯
🐯
〜!


二人はなんか喧嘩し始めちゃったㅎㅎ



🐻‍❄️
🐻‍❄️
っ、ぅ、?


まただ。



目眩がする。


どうしたんだろ...


















___放課後___




キーンコーンカーンコーン.....


🐻‍❄️
🐻‍❄️
終わったぁ
🐣
🐣
ユラン〜!今日空いてる?
🐻‍❄️
🐻‍❄️
あ、今日はね寄るとこあるんだ

ごめんねm(_ _)m
🐣
🐣
そっか、また誘うね!
🐻‍❄️
🐻‍❄️
うん!ありがと〜!
🐣
🐣
(๑¯艸¯๑)ムフフ
💭可愛い
ちみがなんかニヤニヤしてる
🐻‍❄️
🐻‍❄️
?💭どうしたんだろ?
🐯
🐯
ユラン〜!帰ろー!


お迎えに来てくれたてーくん
🐻‍❄️
🐻‍❄️
てーくん!
🐻‍❄️
🐻‍❄️
ごめんね、今日よるとこあるんだ(>_<)
🐻‍❄️
🐻‍❄️
先に帰って待っててくれる?
🐯
🐯
うん!分かった!でもどこ行くの?


病院なんていったら心配かけちゃうな.....
🐻‍❄️
🐻‍❄️
えっと、駅前の文房具屋さんに

行くから遅くなるよ


てーくんに嘘つくのは心が苦しいな...
🐯
🐯
僕も一緒に行こうか?
🐻‍❄️
🐻‍❄️
1人で大丈夫だよ!
🐯
🐯
o(´^`)o 分かった!でも気おつけてね!
🐯
🐯
ユラン可愛いんだから!
🐻‍❄️
🐻‍❄️
う、うん///


てーくんいつも急なんだよ!



僕の心臓も考えて下さい!

🐻‍❄️
🐻‍❄️
💭...早く、病院行こ。少し辛い




そうして僕は病院に着いた






受付『ハンユランさん』
🐻‍❄️
🐻‍❄️
はい
看護師
案内しますね
🐻‍❄️
🐻‍❄️
よろしくお願いします。


看護師さんに案内されて部屋に入る

先生
ユランさんですね?
🐻‍❄️
🐻‍❄️
はい
先生
今回担当させていただきます。

カン イドゥンです。
🐻‍❄️
🐻‍❄️
よろしくお願いします。イドゥン先生
先生
よろしくお願いします。
先生
ユランさんの症状は立ちくらみ、目眩、であってますか?
🐻‍❄️
🐻‍❄️
はい、


そこからイドゥン先生は心臓の音を聞いたりした







先生
.....一旦、レントゲン撮ってみましょう
🐻‍❄️
🐻‍❄️
?はい








🗝