無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

story_61
あなたside

涼太くんと話しているとお兄ちゃんが凄い顔で迎えにきた
小森隼
小森隼
あなた!
小森○○
あ。お兄ちゃん
片寄涼太
片寄涼太
あ。じゃあ俺戻るね
小森○○
ありがとう涼太くん。ずっと傍にいてくれて
片寄涼太
片寄涼太
え?
小森○○
え?ずっと名前呼んで手握っててくれたでしょ?
小森○○
あれ?夢?違うよね?凄く悲しそうな顔してて。
片寄涼太
片寄涼太
それ……
小森隼
小森隼
涼太くんごめん!話しの途中だけどあなた帰らせる!
小森○○
え。あ、、ちょっと!
涼太くんが何か話そうとしてたのにお兄ちゃんにベットから降ろされて肩を借りて家に帰る事になった。



相当心配かけちゃったんだなー。



帰り際になると共演者のみんながいて会釈をしてから歩こうとしたら


玲於と目があった。



なんだか玲於には会釈だけじゃ嫌で
小森○○
ごめんね。
そう言い残して家に帰った


家に着くとお兄ちゃんが今にも泣きそうな顔して
小森隼
小森隼
ごめん。俺のせいだよね
小森○○
ち、違う!お兄ちゃんのは解決したじゃん!
小森○○
お兄ちゃんじゃなくて……その
小森隼
小森隼
ん?話してみな
小森○○
玲於の事で……
小森隼
小森隼
玲於!?
小森隼
小森隼
な、な、なんで!?玲於!?
小森○○
えーと。その……
今の気持ちを素直に話すことにした。


だってお兄ちゃんだもん、
小森○○
なんかね。ココ最近、玲於に涼太くんの事を話すと悲しい顔するの
小森隼
小森隼
うん
小森○○
その顔見てたら私まで悲しくなってきて。そんな顔させたくないな。って。
小森○○
そんな事考えてたらフラッってきて……
小森隼
小森隼
そっか。
お兄ちゃんは優しく私の頭を撫でてくれた
小森隼
小森隼
前に言ったの覚えてる?
小森○○
小森隼
小森隼
あなたはあなたの思う様に行動したらいいんだよ。って
あ、私が家を出るって言った時だ
小森○○
覚えてる。
小森隼
小森隼
今はどう?言った意味分かる?
小森○○
まだ、よくわかんない
小森隼
小森隼
分かる時がきっと来るよ。その時はお兄ちゃんにも話してね?
小森○○
うん
小森隼
小森隼
とりあえず今日はもう寝な。明日は学校もあるし映画撮影もあるでしょ?
小森○○
うん。
お兄ちゃんは再び私の頭を撫でた


そして私は自分の部屋と向かった。



そういえば玲於……好きな人いるんだよね。


小森○○
くるし……
玲於に好きな人がいる。


そう考えただけで胸が締め付けられる。


一体どうしたんだろう。


私……


なんでこんなにも玲於の事考えてるんだろう。


こんな時に限って明日の迎えは玲於だし。

明日、萌愛と勇太に聞いてみようか
な。


あの2人ならなんでか教えてくれるはず。



そして私は寝る事にした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

GENELove♡🐥
GENELove♡🐥
#GENE大好き#佐野玲於推しです°ʚ(*´꒳`*)ɞ°. GENEのLIVEが決まって終始テンションが上がってます!॑⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆* 『少年クロニクル』 絶対に行きたい! マナー違反する奴は許さん。 皆を困らすな! Twitter @Ayane__0531__ Instagram ayane_0531_ 良かったらフォローヨロ(`・ω・´)スク! ファンマーク……♡🐥にしようかな?笑 あんころもっちのファンマ……🥚🐣💚 大好きだよ〜॑⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆* 🐢レナ🐢のファンマ……🐢 大好きよ〜٩(๑´꒳ `๑و)💕💕神様なんて‪w全然違うよー‪w 苺とピーマン🍓のファンマ……🍓 もう……大好きー!(。•ㅅ•。)♡ あらん🍼のファンマ……🍼 あらん🍼 大好き😍❤user/61983b+ あんころもっち 大好き😍♥user/85e520+
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る