無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

大嫌いなはずだったのに……
小森○○
お兄ちゃんと亜嵐くんが来るからって騒いでるw
佐野玲於
いいんじゃない?大人数の方が楽しいっしょw
小森○○
確かにw
それと気づいた事が1つ。

アンチのコメントが消えてる。

佐野玲於
ほら!早く乗れって!
小森○○
あ。うん!
携帯をカバンに直して玲於の後ろへ乗った
佐野玲於
ちゃんと掴んどけよ
小森○○
はーい🙋
後ろから手を回してしっかり玲於をホールドした瞬間にエンジンがかかり出発した


気持ちいい風にのりながらあっという間にカラオケに到着した。
ヘルメットを取って玲於の方へ投げようとすると玲於もヘルメットを取っている所だった。

佐野玲於
フー。暑いなー
小森○○
ドキッ//
ヘルメットを取って髪をかき上げている玲於に少しドキッとした。

おかしいよ。私……

好きなのは涼太くんだよね?

うん。きっとあれだ!玲於に何かフィルターかなにかがかかってたんだ。

うん。きっとそうだ。そうに違いない。
佐野玲於
……い!
小森○○
……
佐野玲於
おい!
小森○○
いたっ!
デコピンされた
小森○○
なにすんの!痛いなー
佐野玲於
ボーとしてる奴が悪いwほらメットかして
小森○○
あ。はい
佐野玲於
どうすんの?フリー?それとも何時間?
小森○○
フリー!
佐野玲於
了解w
玲於が店員さんと話しているのを私はただ見ていた。

佐野玲於
ほら。飲み物入れてから行こ
グラスを2つ渡された
小森○○
玲於なに?
佐野玲於
お茶
小森○○
分かったw
玲於の分のお茶と自分の分を入れて持っていく。

するとドアの前で扉を開いて待っていてくれた
小森○○
なにw今日玲於優しいw
佐野玲於
俺はいつも紳士なのw
小森○○
どこがw
部屋に入って携帯を開くとお兄ちゃんから着信が入っていた
小森○○
お兄ちゃんから着信きてる
佐野玲於
うわ。こっちも、
小森○○
先に電話する
佐野玲於
ん。
玲於は曲を色々見てる中私はお兄ちゃんに連絡した。

ワンコール目で出たお兄ちゃん
小森○○
はやっ!
小森隼
どこのカラオケー
小森○○
えーと。玲於の家の近くらしい
小森隼
ねぇ。亜嵐くん!玲於の家の近くってどこのカラオケ?
白濱亜嵐
えー。知らないw
佐野玲於
ちょっと貸して?
玲於の顔が至近距離にある。

そして携帯を取られて
佐野玲於
あそこだよ。1回来たことあんだろ。そうそう!そこそこ!wん。じゃあ待ってるわw
佐野玲於
はい。
小森○○
ん。
佐野玲於
携帯以外とデカいなw
小森○○
持つの大変だけどねwなにか見るときには丁度いいw
佐野玲於
確かにw
佐野玲於
そう言えば俺あなたとカラオケ来たことないわ
小森○○
そうだっけ?
佐野玲於
歌声も聞いた事ないしw常に踊ってる所しか見てないわw
小森○○
だって玲於と何処かに出掛ける事したくなかったもんw
佐野玲於
それは同意w
小森○○
でも今日で大分印象変わったし。もう大嫌いじゃなくて嫌いに上がったw
佐野玲於
それでも嫌いなのかよw
小森○○
YES!w
小森○○
あ。これ歌お
私はGENEの曲を入れた
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡