無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

大嫌いなはずだったのに……
帰るとお兄ちゃんはまだ起きていた
小森○○
ただいま〜
小森隼
おかえりー!
小森隼
どうだった?顔合わせ
小森○○
うーん。皆優しい人ばっかりだから良かった(*^^*)
小森隼
そっか。そっか(*^^*)
小森○○
あ。それとね。実は……
私は今日あった涼太くんと玲於の事。


そして自分の今の気持ちをお兄ちゃんに全部話した
小森隼
そんな事があったんだ
小森○○
うん。
小森隼
あなた?
小森○○
ん?
小森隼
あなたは自分がこうだと思う道をただひたすら走ればいい。それで周りの人が傷付くかもしれない。けどね?
小森隼
傷ついた人はきっとあなたには幸せになって欲しい。そうも思うはずだよ?だから信じた道を進んだらいいからね
小森○○
うん。分かった
小森○○
あ!それとね。ここ出ようかと思ってるの
小森隼
え!なんで?居ればいいのに!
お兄ちゃんは大慌て
小森○○
いやー。こんな風に遅く帰って来る事もあるだろうし、お兄ちゃんだって彼女出来ても連れて来れないでしょ?w
小森○○
それにね。本当の事言うと一人暮らししてみたいんだ(*^^*)
小森隼
……。
小森隼
ヤダ
小森○○
え?
小森隼
ヤダ!絶対にヤダ!あなたの一人暮らしなんて断固拒否!
小森○○
いや、ちょっとお兄ちゃん?
小森隼
あー!何も聞こえませーん!
そう言いながらお兄ちゃんは耳を両手で抑えて部屋に入っていった
小森○○
どうしよ
明日映画の撮影したら音楽番組あるのに……

考えててもしょうがないか。


とりあえず寝る事にした







次の日……


朝起きるといつも用意してくれてる朝ごはんとコーヒーはなかった
小森○○
相当怒ってるなー、
でも、私だってお兄ちゃんの為を思って言ったのにな。


小森○○
いってきます
そして私は撮影現場へと向かった



現場へ着いて衣装に着替えて撮影まで待っていると……
小森○○
ハァー
川村壱馬
ため息ついてどうした?
小森○○
!?壱馬さん
藤原樹
さっきから結構ため息ついてるけどw
小森○○
うそ。
長谷川慎
なんかあったの?
吉野北人
よし!聞いてやろう!
小森○○
実は……お兄ちゃんを怒らせてしまって……
白濱亜嵐
あの隼を!?
小森○○
うん。
鈴木伸之
仲の良い兄弟なのにまたどうして
小森○○
いやー。家をそろそろ出ようかと思ってるって言ったら
藤原樹
そんな事で!?
片寄涼太
隼はあなた大好きだもんねw
小森○○
どうしよー
佐野玲於
家出なかったらいいじゃん
小森○○
いやー。それはねー。お兄ちゃんにだってこれから色々とあるわけだし。仮に彼女が出来ても家に連れて来れないでしょ
登坂広臣
難儀な兄ちゃんだなw
長谷川慎
どれだけ好きなんっすかw隼さん
白濱亜嵐
重度のシスコンw
佐野玲於
あなたはあなたでブラコンw
小森○○
もう、何とでも言っておくれ
片寄涼太
この後の撮影大丈夫かなw
白濱亜嵐
さぁ?w
佐野玲於
リーダーしっかりしてよw
白濱亜嵐
えーwだってあなたと隼が喧嘩するの初めてだからわかんないw
小森○○
これ喧嘩!?
川村壱馬
端からみたら喧嘩だろw
小森○○
えー!ヤダ!ヤダ!お兄ちゃんと喧嘩とか!
佐野玲於
だから家出なきゃいいって言ってんじゃんw
小森○○
それもヤダ
岩田剛典
解決のメドがないねw
沈んだままOPの撮影とポスターの撮影をする事になった
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡