無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第68話

story_68
あなたside

お店から出ようとすると出口で玲於が立っていた。
小森○○
ちょっと玲於待ってよー
すると慌てた様に
佐野玲於
佐野玲於
ば、バカ!こっち来んな!
小森○○
え?なに?
小森○○
え。
私が見たものは涼太くんが女の人とキスしてる所だった。


その時玲於が
佐野玲於
佐野玲於
見なくていい!
そして玲於は私の目を隠してそこから連れ出してくれた
佐野玲於
佐野玲於
ハァ。ハァ。おい大丈夫か
小森○○
え。あー
佐野玲於
佐野玲於
あれ?泣いてると思ったのに
小森○○
へ?
あれ?そういえば悲しいとかそんな気持ち出て来なかった。

ただビックリしただけ
小森○○
いや、なんかビックリしただけなんだけど
佐野玲於
佐野玲於
は?なんで?
小森○○
え。わかんない
佐野玲於
佐野玲於
ショックじゃねぇの?
小森○○
いや、特に
なんでだろう。

これが玲於ならって考えたら……
佐野玲於
佐野玲於
え。
小森○○
え、?
佐野玲於
佐野玲於
いや、泣いてんじゃん。
小森○○
や、これは涼太くんじゃなくて……
佐野玲於
佐野玲於
は?
小森○○
れ……
あれ?涼太くんが本当に好きなら泣いてるよね。

なんで玲於だと悲しくなってきたんだろう。
佐野玲於
佐野玲於
れ?
小森○○
//////
佐野玲於
佐野玲於
え?なに次はw顔赤くしてw
あ。私……玲於の事が好きなんだ。
小森○○
れ、玲於!亜嵐くん、し、仕事終わったかな!?
佐野玲於
佐野玲於
次は亜嵐くんかよw
どうしよう。好きなんだと思った瞬間。


この2人きりの空間が凄い緊張する。



それに涼太くんとの事どうしよう。


それが今は1番の問題だよね。
小森○○
亜嵐くんに電話する!
携帯を片手に亜嵐くんに電話した
白濱亜嵐
白濱亜嵐
はーい!あなたの救世主亜嵐くんですよー!
小森○○
うん。とりあえずさ、仕事終わった?
白濱亜嵐
白濱亜嵐
え。どうした?いつもなら突っ込んでくるのに
小森○○
いや、キャパオーバーです。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ヤバくない?
小森○○
結構ヤバめです。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
とりあえず仕事は終わってるけど……
小森○○
じゃあ会える?お兄ちゃんに話したらヤバい事なりそう
白濱亜嵐
白濱亜嵐
え。そんなに?
小森○○
うん。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
じゃあー。家に来る?
小森○○
うん。玲於の後ろ乗っていく
白濱亜嵐
白濱亜嵐
了解。待ってる
電話を切った
小森○○
玲於、今から亜嵐くんの家
佐野玲於
佐野玲於
わかった
バイクから結構離れていたので歩いて戻っていると……
佐野玲於
佐野玲於
!?
小森○○
……
片寄涼太
片寄涼太
え。
女の人
なに?
涼太くん達と鉢合わせてしまった
片寄涼太
片寄涼太
いや、あの。
佐野玲於
佐野玲於
あなた行くぞ
小森○○
え。うん。
玲於は私の手を取って歩いて涼太くん達の前を通って行った。


すると玲於は急に立ち止まって後ろを振り返った
佐野玲於
佐野玲於
あのさ。涼太くん。
片寄涼太
片寄涼太
……。
佐野玲於
佐野玲於
あなたにもなにか非があったかもしれないよ?でもさ。男として最低だよ。同じ男として恥ずかしい
佐野玲於
佐野玲於
じゃあ
そう涼太くんに言った後に玲於は再び私の手を引いて歩いて行った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

GENELove💚🐥
GENELove💚🐥
#GENE大好き#佐野玲於推しです°ʚ(*´꒳`*)ɞ°. GENEのLIVEが決まって終始テンションが上がってます!॑⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆* 『少年クロニクル』 絶対に行きたい! Twitter @Ayane__0531__ Instagram ayane_0531_ 良かったらフォローヨロ(`・ω・´)スク! ファンマーク……💚🐥 付けてくれたら嬉しいな(*^^*) 大好きな人のファンマ あんころもっち……🥚🐣💚 user/85e520+ 🐢レナ🐢……🐢 user/c8eff5+ 苺とピーマン🍓……🍓 user/db3ad1+ えすたん.……👊🐒🌈 user/f57201+ あらん🍼……🍼 user/61983b+
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る