無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

大嫌いなはずだったのに……
佐野玲於
お。先客いた
小森○○
玲於!?
佐野玲於
お前なー。練習するなら声掛けろよー。
佐野玲於
隼と涼太くん探してたぞ?
小森○○
え。涼太くんが!?
あ、まずい。

なんで先に涼太くんの名前出したんだろ
佐野玲於
……、
佐野玲於
電話にも出ないって言ってた
小森○○
あー。置いてきたから……
佐野玲於
お前ってさ。もしかして……
その時……
小森隼
いたー!
佐野玲於
!?
小森○○
!?
佐野玲於
ハァ~。最悪……
小森隼
え。なになに?なんかした?
小森○○
お兄ちゃん!ナイス!
小森隼
そ?w
小森隼
じゃなくて!涼太くんとご飯に行こ!って言ってたんだよ!
小森○○
え。でも……
涼太くんとご飯……


行きたいけど……

練習もしたいし……
佐野玲於
行ってこれば?好きなんだろ?
小森○○
え。今なんて
佐野玲於
涼太くんの事好きなんだろ?って言った
小森隼
!?
バレた。しかも玲於に……

でも……なんでだろう。

悲しい顔して言ってきた玲於の顔みて私まで悲しくなった。

佐野玲於
早くいけば?
小森○○
いや。でも……
佐野玲於
その代わり隼置いてけ。1人で練習はなんかヤダ
小森隼
え!?俺!?
佐野玲於
なんだよ
小森隼
いや。なにも……
私……涼太くんが好きなんだよね?

うん。好き。大好き


なのにこんなに玲於の事が気になるのはなんで?
小森○○
ヤダ。
佐野玲於
は?
小森○○
よし!みんなでいこう!
小森○○
よーく考えて?好きな人と2人とか無理!って事でいくよ!
すると玲於の顔は明るくなって
佐野玲於
しょうがねぇなーw一緒に行ってやるよw
小森○○
そうこなくちゃ!w
玲於の顔が明るくなった。

それだけで心が暖かくなった。

涼太くんと2人でのご飯はまたいつかいけばいいし。

それに元々お兄ちゃんもいたんだから!

小森隼
じゃあ、行こうか!
小森○○
おー!
そして先にお店にいる涼太くんの元へ3人で向かった
片寄涼太
あ。きたきたw
小森○○
ごめんね?連絡もらってたみたいでw
片寄涼太
いいよwでも電話は持ち歩こうね?なにかあった時大変だから
小森○○
はーいw
佐野玲於
よっしゃ!涼太くんの隣もーらいw
小森隼
あー!俺が行こうと思ってたのに!
佐野玲於
早い者勝ちだからw
そして私達はご飯を食べる事になった。

楽しくご飯も食べてお腹がいっぱいになった所で私は練習する為にさっきいたスタジオまで玲於と2人で向かった。








玲於side

あなたの好きなやつが分かってしまった。


涼太くん

2人、両想いじゃん。

これはあれか?諦めろって事か?

そんなの無理だ。俺だってあなたの事が好きなんだから。

簡単に諦められるわけない。

でも……あなたには笑っていて欲しいから涼太くんとのご飯に行く様に仕向けたのに結局みんなで行く事になってw


俺にはありがたいんだけどなw

そしてご飯を食べた後、俺はあなたと共にさっきいたスタジオに向かい練習する事になった
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡