無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

大嫌いなはずだったのに……
玲於side

あなたに悲しい顔をしてるって指摘された。


そりゃあ、そんな顔にもなるわ。

好きな奴が好きな奴の話してるんだから。

なんでか言おうと思った時には、またこれ。タイミングが悪くて涼太くんが近くにやってきた。


俺と涼太くんはお互いの顔を見てお互い何かを察知した。


あ。涼太くんも俺に何か話がありそう。

ピリピリしてる空気に気がついたのかあなたは戻りそうにない。


それでも無理矢理もどした。
片寄涼太
……。
佐野玲於
……
お互い何も話さない

先に口を開いたのは涼太くん
片寄涼太
玲於はさ。まだあなたの事好きなの?
佐野玲於
そうだけど。別に邪魔してないから良くない?
片寄涼太
そうだけどさ、、
佐野玲於
涼太くんも何を考えてるかわかんないけど、さっきまであなた泣いてたよ?
片寄涼太
え。
佐野玲於
最近の涼太くんが冷たい様な気がするって
片寄涼太
……
佐野玲於
心当たりありそうだけど
佐野玲於
そんな風にあなたを悲しませる様なら俺も奪いにいくけど?
あなたが幸せならそれでいい。

そう思ってずっと我慢してた。

けど今回は話が別。

涼太くんの事であなたは泣いてた。


やっぱり好きな奴にはずっと笑っていて欲しい。


そう思うからこそ、いくら涼太くんでも譲れない
片寄涼太
玲於が思う様にすればいいよ。
佐野玲於
は?
片寄涼太
あなたはもう俺の事なんて見てないし。本人自覚してないけど
佐野玲於
どういう事
片寄涼太
だから俺も俺なりに行動してるだけ。
片寄涼太
あなたを俺に縛っておきたくないから。
佐野玲於
……
片寄涼太
んー!玲於と話したら何かスッキリしたわw戻ろっかw
佐野玲於
え。あ。うん
2人で並んでみんなの元へ戻る事にした。


戻った瞬間、あなたは俺たちに気づいて駆け寄ってきた
小森○○
あ。あの。えーと。
片寄涼太
もう大丈夫だよ(*^^*)ごめんね
小森○○
うん。
佐野玲於
……。
小森○○
玲於?
佐野玲於
んあ?あー。大丈夫
小森○○
そっか(*^^*)
この顔。

あなたのクシャッと崩れた笑顔……


俺、これに弱いんだよなー、
佐野玲於
お前こそ大丈夫かよ。
小森○○
うーん。うん!玲於に聞いてもらえてスッキリした気がするw
佐野玲於
気がするってお前なw
小森○○
えへへ(*^^*)
スタッフ
それでは出演する皆さん!こちらに集まって下さい!監督からお話があります!
岩田剛典
なんか解決してるみたいだしw行きますか!w
小森○○
おー!w
登坂広臣
こんな男だらけの所にあなたがいたらなんかいいなw
小森○○
その発言……おじさんっぽいですねw
川村壱馬
登坂さんにそれはないだろw
小森○○
あ。ホントだwどうもすいませんでした!
登坂広臣
いやw別に大丈夫wあなたじゃなかったら怒ってたけどw
岩田剛典
EXILEの皆、あなたには弱いからなーw
白濱亜嵐
その気持ち分かりますw
小森○○
佐野玲於
あんまり考えんなってwほら行くぞw
小森○○
あ。うん!
そして俺らは呼ばれた場所までいき。名札が書かれた席に座った
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡