無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

大嫌いなはずだったのに……
小森○○
あんな事言わなくていいのに
佐野玲於
俺の気が収まらないの
小森○○
あっそ。
というか。


今考えたらヤバくない!?


玲於と手繋いでるんですけど!?

涼太くんの時は恥ずかしさだけだったけど玲於に変わるとまた違う感情が出てくる。

もちろん恥ずかしさもあるんだけど……


その他に嬉しさやドキドキ感。安心感。そんな感情が溢れ出てくる。
佐野玲於
あ。ごめん。
小森○○
え?
佐野玲於
小森○○
あー
手を離された。

あー。もう少し繋いでいたかったなー。
佐野玲於
あんまり考えんなよ。
小森○○
え?
佐野玲於
涼太くんの事
小森○○
あー、うん。
佐野玲於
なんかあったら言えよ。聞いてやるから
小森○○
うん。
私はきっとこういう些細な気遣いが出来る。玲於を好きになったんだなー。

お兄ちゃんや亜嵐くん以外にもいつも心配してくれてて駆けつけてくれて。

大嫌いなはずだったのに……


今では大好きに変わってる
佐野玲於
ほら。着いた
そう言って玲於はヘルメットを投げてきた。
佐野玲於
ボーとし過ぎなw
小森○○
投げないでって言ってるじゃん!w
佐野玲於
わりぃwわりぃw
小森○○
思ってないくせにw
そういえば玲於は私をバイクの後ろに乗せてくれるけど他にも乗せた事あるのかな。
小森○○
玲於ってさ。私以外にバイクの後ろに乗せた人いる?
思い切って聞いてみた
佐野玲於
んー?ないなー。
小森○○
うそ。
佐野玲於
なんで?
小森○○
いや、玲於この前家に泊まった時に好き、って寝言で言ってたからその好きな人乗せた事あるのかな?って
佐野玲於
マジで。そんな事言ってた?
小森○○
ハッキリと
そうだよ。玲於には好きな人いるじゃん。
小森○○
玲於の好きな人に悪い気がする
佐野玲於
いいよw別にw
小森○○
よくないわ!w勘違いされたらどうするの?
佐野玲於
勘違いさせないようにしてますからーw
小森○○
どういう意味?
佐野玲於
さぁー?wおバカちゃんには分からないだろうねw
小森○○
バカちゃうし!
佐野玲於
勉強以外はバカじゃんw
小森○○
うるさいなーwほっとけw
佐野玲於
そうそうwあなたは笑ってる方がいいよwほら乗って!亜嵐くん待ってるだろ?
小森○○
え。うん
玲於がいつも言わない様な事言ってきてビックリした。


そして玲於の後ろに座って亜嵐くんの家へと向かった
佐野玲於
なんか買っていくー?
小森○○
えー?なんてー?
バイクが走ってるからよく聞こえない
佐野玲於
だーかーら!亜嵐くんの家に行く前になんか買っていくー?
小森○○
いらなーい!亜嵐くんの家なんかいっぱいあるもん!
佐野玲於
わかったー!
そして亜嵐くんの家に到着
佐野玲於
よし。行くか
小森○○
レッツゴー!
家の前に着いてインターホンを押すと秒で扉が開いた
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡