無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

大嫌いなはずだったのに……
佐野玲於
なんでGENEの曲?w
小森○○
何となくw
歌ったのは

『My Only Love』

小森○○
離したくないMy Only Love
でも今冷たそうなその手を
握っていいかが分からないよ
壊れそうなMy Only Love
ごめんってつぶやいてから
静かな時間に包まれたまま
1サビを歌っている時にお兄ちゃんと亜嵐くんがきた
白濱亜嵐
また懐かしい歌w
佐野玲於
え。上手すぎね?
小森隼
だから言ったじゃんw
3人で話してる間に歌は終わった
小森○○
終わったー
小森隼
終わった後で悪いけど何があったの?
小森○○
へ?
小森○○
あー!
小森○○
玲於が全部説明して!めんどくさいからw
白濱亜嵐
そういう問題!?
佐野玲於
えーと。俺今日迎えに行く日だったじゃん?涼太くんの代わりに
佐野玲於
んで外で1時間くらい待ってたんだけどあなたは出てこないし生徒達は減ってくるしで中に入って行った訳
小森隼
1時間も待ってたの!?玲於が?
白濱亜嵐
珍しい。明日絶対雨だわ
小森○○
酷い言われようw
佐野玲於
んで教室まで行ったらあの2人。えーと名前が
小森○○
萌愛と勇太?
佐野玲於
そうそう
佐野玲於
その2人にあなたが女子達に呼び出しされて戻って来ないって聞いて。
小森隼
呼び出し!?
小森○○
まぁ。ちょっと私飲み物入れてくる!
私は部屋の外へ出た。


あんな部屋に居れないよ。
白濱亜嵐
続きは?
佐野玲於
2人の所行く前に女子達とすれ違ってさなんか言ってた事とあなたが俺の中で一致して聞き出したら校舎裏の倉庫に閉じ込めたって
小森隼
はぁ!?なにその子達!
白濱亜嵐
あなた、暗い所無理なんじゃ……
佐野玲於
そう。それを俺も知ってたから全力で走って倉庫に辿り着いて鍵開けて俺の名前呼んで気を失って病院に直行
佐野玲於
で、今にあたるってわけ
白濱亜嵐
よし。隼今からそいつ等締めにいこ
小森隼
ですね。
佐野玲於
それはダメでしょw2人ともどんだけ過保護なわけw
佐野玲於
それにもう俺が言ったし。今度あなたに何かしたらタダじゃおかないって
白濱亜嵐
俺の気がおさまらないわ!
小森隼
同意!
小森○○
ただいまー!終わった?
佐野玲於
終わった
佐野玲於
で、2人はあの子達を締めにいこうとしてるw
小森○○
こっわw
小森○○
でも大丈夫だからw多分だけどもうなにもして来ないと思うw
白濱亜嵐
なんでそう言いきれるの?
小森○○
さっきインスタに載せた時にアンチ意見が消えてたの。多分あの子達だったんだと思う。言ってきてたの。
小森○○
でもそれが無くなった訳でしょ?どうせ玲於があの子達に何か言ったんでしょwじゃなきゃ急に無くなるのがおかしいもんw
白濱亜嵐
あなた天才!大当たり!
小森○○
よっしゃー!
小森○○
あ。天才で思い出した。お兄ちゃん!はい!テストの結果。
私は成績表とテストを見せた
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡