無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

大嫌いなはずだったのに……
カチコチに緊張してる私にそっと肩に何か触れた
小森○○
!?ΣΣ(・ω・´ )
片寄涼太
あ。ごめんw肩の力入ってたからw
小森○○
アハハwありがとう(*^^*)
片寄涼太
大丈夫だよ(*^^*)なにかあればみんながついてるから
私はグルッと周りをみた
小森隼
あなたなら大丈夫!
白濱亜嵐
こんなので緊張してたらダメだぞw
数原龍友
そんな緊張せんでも大丈夫や!
中務裕太
すぐ終わるわw
関口メンディー
大丈夫!
佐野玲於
あなたなら大丈夫だって
みんなの声を聞いているといつの間にか震えは止まっていた
小森○○
よし!もう大丈夫!行こ!
GENE
おー!
会場へ入ると同時にカメラのフラッシュが飛び交う。

しばらくずっと色んな質問を受けた。


女でEXILEに入る事はどう思っているか。


世界一のダンサーや高校生活と両立出来るかまで、、



そして記者会見は終わった。


それから車で事務所へと戻りそれぞれネットを開くと……
白濱亜嵐
賛成6反対4かー
数原龍友
賛成意見の方がデカいんやからええ事やろ
小森隼
あなたは見ない方がいいよ
小森○○
ん?
中務裕太
もう見てるやんw
小森○○
うんw
片寄涼太
大丈夫?
小森○○
うーん。大丈夫ではないけどねw
小森○○
でもさ、みんながいてくれるから(*^^*)
小森隼
お兄ちゃんが守ってあげるからね!
小森○○
心強いや!
片寄涼太
俺もついてるよ(*^^*)
小森○○
う、うん///
なんだろう。この胸のドキドキ。


誰か教えてくれないかな。
白濱亜嵐
よし!じゃあ記者会見も終わったし他のグループに挨拶に行くか!
小森○○
挨拶!?
数原龍友
行かんとアカンやろw新人やねんからw
小森○○
えー。
小森隼
あなたは初めての挨拶が1番苦手なんだよねw
小森○○
うん。
中務裕太
だから記者会見の前もあんなに緊張してたんやなw
小森○○
そういう事w
佐野玲於
ダッサw
小森○○
うるさい。
片寄涼太
もー玲於w直ぐに突っかかっていかないのw
佐野玲於
はーい
小森○○
……。
そして私達は他のグループに挨拶に行った。



最初は三代目の皆さん
GENE
失礼しまーす!GENERATIONSです!
NAOTO
おー。どうした?
白濱亜嵐
新メンバー入ったので挨拶しに
登坂広臣
隼の後ろで隠れてる子?
小森隼
そうですw
小森隼
ほらw出ておいでw
小森○○
ヤダ!
佐野玲於
ここまで来てワガママ言うな
小森○○
玲於黙れ
岩田剛典
玲於が黙れって言われてるw
佐野玲於
いっつもこうなんですw
白濱亜嵐
ほら!出てこなきゃ始まらないからw
小森○○
あー!
亜嵐くんに手を引っ張られて前に出された
小森○○
ヤダー。お兄ちゃん!
私はお兄ちゃんに抱きつきにいった
小森隼
可愛いなー(*^^*)
岩田剛典
お兄ちゃん!?
小森隼
あ。僕の妹ですw
登坂広臣
妹いたんだ……
佐野玲於
こう見えて世界一のダンサーですw
NAOTO
世界一!?
小森○○
はい
岩田剛典
ジャンルは?
佐野玲於
俺と同じですw
岩田剛典
って事は俺とも同じー!
小森○○
同じ……CLAMPですか!?
岩田剛典
そうだよ(*^^*)
小森○○
いっしょだー!
佐野玲於
だから言ってんじゃんw
登坂広臣
それよりも名前は?
あ。そうだった。

名前言わなきゃ!
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡