無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

大嫌いなはずだったのに……


亜嵐くんとあなたがいるスタジオにみんなで向かう途中
数原龍友
なぁ、あなたちゃんのダンスってどんな感じなん?
小森隼
もうね!凄いよ!
佐野玲於
確かに
中務裕太
どう凄いんか教えろやw
小森隼
一言でいうと……人が変わる?
佐野玲於
ありゃあ別人だw
関口メンディー
そんなに?
小森隼
さっきまでの可愛いあなたじゃなくて踊ったらクールっていうかほんと全然違う
片寄涼太
ジャンルは?
佐野玲於
あなたって基本CLAMPだったよな?
小森隼
よく覚えてるね
佐野玲於
自分と同じなんだから覚えるだろw
佐野玲於
しかも大会もCLAMPの大会なんだからw
数原龍友
アホやーw隼w
小森隼
(・ε・` )
小森隼
でもね!あなたは他も全部踊れるんだよ!
GENE
全部!?
そうあなたは他のジャンルのダンスも踊れる。

CLAMPはもちろん。シカゴフットワークだってヒップホップ、それにほかにも色々と
中務裕太
何歳からしてんねん!
小森隼
3歳?
GENE
3歳!?
小森隼
俺が始めた頃に真似してしだしたw
関口メンディー
へー。
佐野玲於
あ。ついた
そして中へ入ると、亜嵐くんは、あなたの練習を見ていてあなたはひたすら練習していた。

その様子を見た俺と玲於以外は全員顔が……
GENE
( ゚д゚)ポカーン
白濱亜嵐
おー。やっときたw
中務裕太
あれはヤバないか
数原龍友
ホンマに隼の妹かいな!
小森隼
それどういう意味!
GENE
www
その時!

あなたがつまづいて転けそうになった
小森○○
!?
GENE
あ!
1番先頭をきってあなたの元へと行こうとしたのは玲於だった。


ほらねw

玲於はあなたの事好きなんだよw


それに早く気づいて欲しいという気持ちと共にあなたを取られるんじゃないか。


そんな気持ちが僕の頭の中で葛藤していた。


まぁ、そんな玲於の手助けはいらなかったんだけどねw

見事なアクロバットを決めて着地する
小森○○
セーフ。
白濱亜嵐
身体能力ヤベーなw相変わらずw
小森○○
そうかな?w
小森○○
ていうかみんな来てたんだ(*^^*)
関口メンディー
なんかさすが世界一って感じだね
小森○○
よし!もう練習終わり!
片寄涼太
もう!?
小森○○
うん!いつもの感じ取り戻した!
佐野玲於
じゃあ……やるか!
小森○○
負けないからね!
佐野玲於
ほざいてろw
そして玲於とあなたのダンスバトルが始まった。


見てる側では大はしゃぎw

白濱亜嵐
玲於と裕太くんのダンスバトルも凄いけどこっちもスゲーな
小森隼
あなたかっこいい😆
中務裕太
最強の2人やなw
そしてバトルが終わり。

みんなで決めた結果。
白濱亜嵐
結果は4.2であなたの勝ち!
小森○○
へ?
佐野玲於
だから言ったじゃん。
あなたside


私が玲於に勝った?

おかしいよ。


そんな事……
小森○○
ヤッター!
数原龍友
喜び方見てたらやっぱりイマドキのJKやなw
小森○○
お兄ちゃーん!
小森隼
あなたー!
片寄涼太
また始まったw
その後もしばらく喜んでいたw
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡