無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

大嫌いなはずだったのに……
どうした?
声を掛けてきたのは……
小森○○
亜嵐くん……
白濱亜嵐
小森○○
もう……無理……
フラッと倒れてかけてしまう。
全員
!?
白濱亜嵐
あっつ!
小森○○
ハァ…ハァ…
鈴木伸之
どうした!?
白濱亜嵐
あなた触ってみ?
鈴木伸之
あちっ!
勇太
え。どうしたんっすか
白濱亜嵐
これはヤバいな。玲於!隼に連絡していつもの病院来るように言って!涼太は2人送ってあげてくれる?
佐野玲於
いやいや。逆でしょ。
片寄涼太
玲於…任せた。今のあなたには玲於だから
佐野玲於
は?それどういう意味……
白濱亜嵐
玲於早く!
佐野玲於
え。あ。わかった
岩田剛典
昨日に引き続き大丈夫かな。
萌愛
あなた。昔から身体が少し弱いんです。
長谷川慎
え。ダンスの腕ピカイチなのに!?
吉野北人
あんなにうるさいのに?
萌愛
今回の事は多分ストレスか考え事が溜まりに溜まって……
勇太
涼太さんは気づいてますよね?
片寄涼太
うん。
登坂広臣
どういう事……
白濱亜嵐
玲於!半分持って!
佐野玲於
うん
白濱亜嵐
じゃあお疲れ様でした!
佐野玲於
お疲れ様でした
玲於と亜嵐くんに連れられてタクシーに乗って病院に向かった
登坂広臣
で?どういう事?
片寄涼太
俺とあなたは付き合ってるんですけど最近、俺他に好きな人出来ちゃってあなたに冷たい態度取ってたんです。
岩田剛典
え。マジ?
片寄涼太
はい。あなたは気づいてないと思うんですけどあなた自信も他に好きな人が出来たみたいで
藤原樹
え?
片寄涼太
あなたが俺にもっていた感情はただの友達としての好きだと思うんです。それを当時好きだった俺は玲於に取られたくなくて……
川村壱馬
え。って事は玲於さん……
片寄涼太
あなたの事好きだよ。玲於は一筋。
長谷川慎
それであなたの好きな人って
片寄涼太
玲於だと思う
勇太
それは今日話聞いてて思いました
萌愛
涼太さんも他に好きな人が出来たなら別れたらいいじゃないですか!そんな中途半端に!
片寄涼太
言おうと思ってたらあなたが倒れて。言えなくなってる
鈴木伸之
なるほどねー
岩田剛典
なるべく早く言いなよ?じゃないとどっちも辛い思いするだけだよ。それに涼太の相手の人も
片寄涼太
はい。
玲於side
佐野玲於
亜嵐くん、なんで俺を?
白濱亜嵐
ん?知らないの?涼太他に女出来てんだよ
佐野玲於
はあ?
白濱亜嵐
あれ?知らないの?あ!そういえば隼と玲於が居ない時に言ってたな
白濱亜嵐
だから俺は玲於を呼んだ。今の涼太は嫌い。
佐野玲於
涼太くんが……
白濱亜嵐
まぁ、そういう事だから。隼には言うなよ?アイツあなたの事ホントに溺愛してるから、いくら隼でも涼太に何かしそうだから
佐野玲於
俺もしそうなんだけど
白濱亜嵐
ちょ。ホントにやめろよ?あなたがどこで聞いてるか分かんないだから悲しむのあなたなんだから
佐野玲於
いま、どうなるの?これw
白濱亜嵐
今は寝てるからいいのーw
そして病院に到着してあなたは運ばれていった。


隼とも合流してあなたを待つことになった
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡