無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

大嫌いなはずだったのに……
玲於side

今日は涼太くんが迎えに行けなくなったらしく早くも俺に順番が回ってきた

中へ入ると騒ぎになるからと外で待ち合わせする事になってるんだけど……
佐野玲於
遅くね?
1時間くらいずっと待ってるんだけど。

先に帰った?

ンなわけねぇか。だってここ絶対に通るし

なんか生徒も少なくなってきてるし……


もういっか。めんどくせぇ。中に入ろう。


そう思って近くにバイクを停めて学校の中へと入る事にした
佐野玲於
もう人いねぇんじゃね?これ
廊下も人が1人もいない。

その時……
女子
大丈夫かな。アイツ
女子
誰かが見つけてチクッたりしたら……
女子
1人見張りつけてるんだから大丈夫だって!これでアイツも懲りるでしょ
何人かの女子生徒とすれ違った

今の高校生はよく分からない話をするなー。とあなたの教室へと向かった
佐野玲於
あれ?2人いたんだ
勇太
!?
萌愛
玲於さん!?
佐野玲於
あなた迎えに来たんだけど……
勇太
玲於さん!大変なんです!あなたもう1時間くらい帰ってきてなくて
佐野玲於
は?
萌愛
何人かの女子達に呼び出されて……
女子達?
佐野玲於
どういう事
勇太
俺達には全く……
佐野玲於
チッ。
俺の勘が正しければさっきのやつら何か知ってるよな……
勇太
あの……玲於さん?
佐野玲於
2人はここにいて。入れ違いになったら大変だし
萌愛
でも!
佐野玲於
大丈夫。俺が絶対に見つける
勇太
萌愛任せよう。
萌愛
分かった
俺は急いでさっきの女子達を追いかけた。
佐野玲於
おい!
女子
!?
女子
れ、れ玲於くん!?
佐野玲於
そんなのどうでもいいからさ。お前らあなたの居場所知ってるよな
女子
!?
佐野玲於
早く言えよ。
女子
知りません……
まだシラをきるつもりかコイツら
佐野玲於
早く言えって言ってんの聞こえなかった?俺がここであんた達にキレる前に言えよ
女子
こ、校舎裏の倉庫に閉じ込めました……
倉庫?

倉庫っていったら暗いんじゃ……


アイツ暗い所ダメなはずなのに……
佐野玲於
おい。今度あなたに何かしたらタダじゃおかないから。分かったな
女子
はい泣
俺は急いで校舎裏の倉庫まで走った。

走って行くと1人の女子が立っていた。
佐野玲於
おい。カギ貸せよ。もう全部知ってるから。
女子
え。
佐野玲於
貸せって言ってんだよ!
女子
は、はい、
女子からカギを奪って倉庫の鍵を開けた。


そこには小さく丸まったあなたが震えていた。
佐野玲於
あなた!大丈夫か!
小森○○
れ、お?泣
佐野玲於
もう大丈夫だから……
小森○○
そっか。来てくれたんだ……
そう言ってあなたは倒れた
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡