無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🏩:4


「い、いや何言ってんですか」





🐰「は?だから2人で抜け出そって話だよ」




「なんで、グクさんと抜け出さなきゃいけないんですか」




🐰「俺も帰ろうかなって思ってたから」




「いやです。グクさんは残っておけばいいじゃないですか」




🐰「ったく…ですかですかうるせぇな」





グクさん…意外と喋りやすい…?
見た目ちょっと話しかけずらいけど、案外いい人なのかな。




「じゃ、じゃあタメで…」




🐰「好き好き」





「え」





🐰「あ、敬語よりタメの方が好きって意味」





「え、あ、そうなんだ」





🐰「あ、もしかして俺があなたのこと好きとでも思った?ㅋㅋ」





なにこいつ。
めっちゃ、馬鹿にしてくるじゃん…
イライラするわ…絶対にこいつと抜け出したくない。




「なっ、違うし…」




🐰「まぁ、どうでもいいけどね…じゃあ行こ」




「え、ちょ、待ってよ!」





🐰「無理。あと俺のこと呼び捨てで呼べ」





「え…、分かった」







グクは、私の手首を掴んでグイグイ引っ張る
そのままカラオケを出て、タクシーへ






「はぁ、どうしよ。乗っちゃったよタクシーお金ないし。もうどうしよ。終わったわ」






🐰「ふっ、面白いなお前ㅋㅋ」




グクは、私が独り言をブツブツいう姿を見て笑う。





ん?今キュンときたのは、気のせいかな…?




next.▸▸▸

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

じみちゃむ。
じみちゃむ。
じみんしぃのむのむのむさらんへ いつかわての心臓がもたなくなる日がきそう フォローは元気の素 いいねしてくれる子めちゃ好き コメントしてくれる子は愛すしかない わてのことは、ちゃむとか呼んでくれ 気軽に話しかけてね! いつでも、暇人だから← ファンマ▹▸ 🐤🔭 ファンネ▹▸ ちゃるじゃーず 大切な친구 ヨンタンになりたい=よんちゃん((天使 지리🍎=オンニ((大好き きりん.=なのちゃん もみじ🐰🍼=もみ 딸기🐰=たるちゃ 🦁きむてつお氏♥=きむむ 濃ゆく絡んでくれる子の方が好み。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る