無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5話
我妻善逸
ちょ、ちょ、ちょっと待ってくれないか!
あなた

?どうしたの我妻くん?

我妻善逸
怖いんだよおぉおおぉ!
2人も目の前の山から何も感じないのかよぉぉ😭
竈門炭治郎
...怖いって言ってもなぁ
あなた

仕事なんだから行かなきゃダメでしょう。
それに我妻くん私たちより歳上なんだからしっかりしてよ

我妻善逸
そんなこと言ってもさ!!俺は君たちより弱いの!!分かる?!弱いの!!死んじゃうのぉおおぉ😭😭
あなた

も〜、、

ドサッ
竈門炭治郎
!!人だ、隊服を着ている!
どうしたんですか!大丈夫ですか?!
隊士
た、助け...ぎゃあっ

急に隊士の人が山へ引っ張られた。

あなた

!!!!

隊士
繋がっていた...っ俺にも!!
助けてっ助けてくれぇぇぇぇ
竈門炭治郎
...行こう!!
あなた

うん!

竈門炭治郎
何だこの山...
変な匂いがする...
あなた

鼻が曲がるようなきつい匂い...

竈門炭治郎
あ!隊服来てる人がいる!

ポンッ
村田
ばっ!!!!
あなた

ごめんなさい。驚かしてしまって。

竈門炭治郎
応援に来ました。階級癸、竈門炭治郎です。
村田
癸...?なんで柱じゃないんだ!
癸なんて何人来ても同じだ!!
竈門炭治郎
あっあっ...の
あなた

私は藤柱の藤崎あなたです。

村田
あ、柱の方なんですね。失礼しました💦
あなた

大丈夫ですよ。気にしないで下さい。
それより状況を説明してください。

村田
あえっと鴉に指令を受けて隊士10人でこの山に来たんですが、山に入ってしばらくしたらキリキリキリって音がしてそしたら隊員同士で斬り合いが始まってしまったんです……それで、今...
あなた

なるほど。、



キリキリキリッ
村田
っ!この音です!
竈門炭治郎
隊員だ!
あなた

私たちに向かってくる、?
でも動きがちょっと変じゃない?


カンっカンっ🔪💥🔪
竈門炭治郎
そうですね、まるで何かに操られてるみたいな
村田
うわ、うわぁぁ


しゅぱっ
あなた

!背中に糸が付いてるわ!
それで操られてるのよ!

竈門炭治郎
なるほど!背中の糸をきればいいってことですね!


カサカサカサッ
あなた

(!蜘蛛だわ。...糸??はっ!まさか!)


糸を切って動かなくなったはずの隊士達がまた動き出した。
竈門炭治郎
!なんでっ
あなた

蜘蛛よ!蜘蛛が糸を繋いでる!

村田
どうしたらいいんですか!
これじゃきりがないですっ!!
あなた

...この糸を操っている鬼を倒すしかないわね

村田
っ!じゃあここは俺に任せて2人は進んでください!
竈門炭治郎
っでも!
村田
大丈夫だ!糸を切ればいいってわかったし、俺も鬼殺隊だ!進んでくれ!
あなた

っはい!ありがとうございます!村田さん!!

竈門炭治郎
行きましょうあなたさん!!



善逸sideーー


我妻善逸
ねずこちゃぁぁーん、たぁんじろぉー、あなたさ)ん...
我妻善逸
みんなどこいっちゃったんだよぉ


なんで俺を1人こんな暗い山に置いてくんだ!!
何考えてんだよ!!!あいつら!!!

あ〜腹たってきたぞなんか







カサカサカサッ








我妻善逸
なんだよ!!!!カサカサうるさいな...ってぇえで!
我妻善逸
ひっ人の顔なんだけど!顔!人面蜘蛛なんだけどぉおおお
我妻善逸
嘘でしょ嘘でしょ嘘でしょ!
いやァァァァァァァァァァ



















善逸のやつは蜘蛛にしません!
なんかそこ書くとめちゃ長くなりそうだから!!
ごめんなさい!!