無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

team京極兄弟・京極竜
なあ、あなたさどうすんの
あなた

え?

あん中の誰かと付き合うの?
あなた

いやいやいや、ないでしょ、絶対に

そっか…んじゃさ、
あなた

うん

俺は対象として見てる?
あなた

え?

いや、だから、俺は彼氏候補に入れてんのかなあって
あなた

やめてよ〜竜までふざけないでよ笑

ふざけてなかったら?
壁にあなたを追いやって両手で閉じ込めた。

顔が近くて心臓が高鳴った。
あなた

りゅ、竜?大丈夫?

っはは、だめだな笑
あなた

え?

騙されろよ〜笑
本音ぶつけても冗談にされるって…

俺は男として見られてないんだな。
あなた

びっくりしたー笑

ほら、帰るぞ
あなた

う、うん!

顔が赤いのを見られるのが嫌で

すぐ背を向けて教室を後にした

その時だった…。
君!
え、あ、生徒会長
本当は好きなのですよね
え?
あなたさんの事です
いやいやいや、マジでありえないっすから
そうですかね
はい、絶対に
自分にも嘘をついていると後々苦しくなって来ますよ、では失礼します
…自分にね…
あなた

竜!行こう!

お、おう!
遠くから叫ぶあなたのはにかんだ姿は

とても可愛いくて、、、好きだ。