無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

小田島陸ルート
ちょ、ハルさん!助けてくださいよ!
あなた

り、陸!?

え、あなたさ、ん…
時が止まったかのように、皆んなの動きが

遅くなっているように感じていた。
あなた

ほら、捕まって!

え、あーはい!
ひゅいっと人混みから…

いや、俺を助けにきてくれたヒーロー。
あの、
あなた

ん?

もう、いいっすよ、この手
あなた

あ、そうだね!ごめんごめん

俺の事なんてこれっぽっちも気にしてないんだろうな。
あ、そうだあなたさん、ハルさん見ませんでした?
あなた

ハルに教えてもらったんだよ!陸が今大変って事

え!?そ、そうだったんすか!
あなた

うん!ついでにダンスの練習もしてやってってハルが

ええええ!!そ、そんなこと
あなた

頼んでなくても、ハルがいいお節介してくれたと思ってさ!ほら、私も練習したかったし

ハルさん…がね
あなた

ん?

あなたさんって、ハルさんに言われる事は、その
あなた

ん?

なんでもするんすね
あなた

え?なんでもってわけじゃないけど

でもさ、俺の家の掃除してとか頼まれたら行くんすよね?
あなた

うん…まあ

ほら、男の家に、しかもあのハルさんの家に女1人で行くなんて…
あなた

いや、ハルは

ハルはハルは、って、ハルが、とかさ何!男はいつでも豹変しちゃうんすよ!?
あなた

え、え?ハルに限ってそれは

だから、あなたさん…あんた無防備過ぎ。
ぐっと、距離を縮めて顔を覗き込んだ。
あなた

っと、え、陸…?

あなたさん、俺も男なんで
あなた

ん、うん、わかってるよ?

わかってないから言ってんの。
あなた

ちょ、ちょっと!陸!

っあ、あぁ、すみません!!!!
我に帰り、勢い良く離れた。
あなた

陸今日変だよ?大丈夫?

これが俺っすよ。変でもなんでもない。
あなた

え、あーっと、私予定思い出したから帰るね

あなたさん、ごめんね
あなた

え??

その、ほら、
あなた

んー、えっと…陸!

…はい?
あなた

絶対、優勝しようね

…え?
変な事を言ってしまったのに、この人は何を言ってるんだ。
あなた

その、ほら、1番熱心に取り組んでたと…思ったって言うか

…え、あなたさん、あの
あなた

だから、私は陸に優勝して欲しい、じゃあね

あなたさん!
背を向けて帰ろうとするあなたさんを呼び止めた。
あなた

ん?

お、俺あなたさんのために優勝するんで