無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

team生徒会・綾小路葵
賑やかですね
っお、丁度良かった会長からも言ってくれよ
どうしたのですか?
コイツらがあなたに絡むせいで最近様子がおかしいんだよ
何か他に原因があるのでは?
は?例えばなんだよ
例えば……お腹が空いているとか
んなわけ、ねぇよ
誠一郎
奏!
あ、誠一郎
誠一郎
来ないと思って来たら、これだ。何があった
あなたさんが
あなたはお前らのせいで最近機嫌悪りぃんだよ
誠一郎
……そうか
誠一郎どうしよう
私の出番ですね
綾小路くん!何か案があるのですか!?
ガブリエル
会長の手にかかれば一瞬で機嫌も治るはずです
誠一郎
アイツの機嫌が悪かろうが俺達には関係ない、奏行くぞ
関係あるよ!どうして誠一郎はあなたさんに対して冷たいの?
誠一郎
冷たくなんてしていない、ただ奏が関わる必要が無い相手だから
あなたさんは僕のプリンセスなんだ、誠一郎…
誠一郎
はぁ、それはただの勘違いだ
誠一郎がどう言おうと、彼女は僕のプリンセスなんだ
誠一郎
はぁ、そうか勝手にしろ
え、誠一郎!どこ行くの!
誠一郎
帰る