無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

team奏・鏑木元
あなたさん!
あなた

っげ、鏑木元…

なんですか、もっと女性らしく振る舞えないのですか?
あなた

お言葉ですが女性らしさってなんですか?

それは、奏様に釣り合うようなプリンセスのような…
あなた

はいはい、

ちょ、どこへ行くのですか!
あなた

どこって家に帰りますけど

お待ちください!送ります!
あなた

結構です。

ちょ……成瀬あなた…まったく、可愛げのない…
どうしたの?
か、奏様!?
奏様の声がして振り返ると同時に

いつもの穏やかな顔に戻した。



誠一郎
あれは…
成瀬あなたです
誠一郎
あいつか…
誠一郎はあなたさんにもう少し優しくすべきだよ
誠一郎
あんなやつに気を使う必要などない
どうしてあなたさんに優しくできないの?誠一郎も元も
い、いや、それは優しくしても何もメリットが無いと思ったからです
元、良くないよ?
そ、そうですよね…以後気をつけます
誠一郎
どうして奏は優しくできるんだ、不思議でたまらない
だってあなたさんは…
っおい!セレブ王子!
奏の声は遠くから来る竜の声でかき消された。