無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

teamネクスト・天堂光輝
あなた

光輝って男らしいね!

光輝
そんなことないっすよ、あなたさんの隣を歩くものとしてはこれくらい当たり前っす
あなた

かっこいい〜

光輝
そんな、言葉にすんなよ、照れるじゃんか…
ってなるんだよな…ふふふ。
あなた

光輝?

光輝
っあ、あぁ何ですか!?
あなた

いや、なんかニヤニヤしてたから

光輝
っわ、気のせいっすよ
あなた

そう?

光輝
はい
あなた

そっか

やべ、沈黙…。
光輝ー!
光輝
え、お前ら
海司
困ってるからかなーとか思ってさ
耳打ちしてくる海司。

2人のフォローが凄く嬉しく感じた。
あなたさんも一緒だったんすね
あなた

うん、ごめんね3人で帰りたかったよね

海司
いや、俺らは嬉しいっすよ
あなた

そ、そう?

はい!なぁ、光輝?
光輝
お、おう!そもそも俺が送りたくて勝手について来ただけだし
あなた

そっか


あー、また沈黙…。

この空気どうにかしなくちゃ…。
光輝
あ、あの
あなた

ん?

光輝
王子選手権でさ勝った人と付き合うっての本当?
海司
それ俺も気になります
あなた

いや、流石にねぇw

その話本当なら俺も頑張るんで
光輝
はあ!?
は?当然だろあなたさんがかかった勝負だぞ?
海司
頑張るしかないよな
そうそう!
光輝
お前ら…。
嘘だろ、まさかの展開…

ライバルになるのか、俺ら…くっそぉ。
あなた

いいよ、そう言う気遣い

気なんて使ってないっすけど
海司
俺ら本心っすよ
光輝
お、俺の方があなたさんへの気持ち強いんで
あなた

は、はぁ…あ、うちこっちだからじゃあ

光輝
家まで送りますよ!
あなた

いや、隣人が男にうるさいから3人に迷惑かけちゃうと思うから大丈夫だよ、ありがとうね

海司
隣人って、男っすか?
あなた

う、うん

どんな人っすか


こいつらぁ…マジかよ…。
光輝
俺は、送りたいっす
あなた

いっやぁ、…

ハル
あなたー!!
あなた

わぁ、ハル…

ハル
おかえり
あなた

ただいま

ハ、ハグしてるし…こいつ何者だよ。
光輝
あなたさん、その人って…
あなた

あー、言ってた隣人…

ハル
隣人って、冷たいなぁお兄ちゃんだろ?
あなたさん、兄弟いたんすか!?
あなた

いやいやいや、本当に隣人だから

海司
フツー隣人がそんなに親密な感じにハグとかしちゃいます?
ハル
お前らこそ、さっきからいいだけ言ってるけどよ何者だよ
光輝
あなたさんのクラスメイトっす
ハル
っへぇ、男3人も…あなた、気をつけろよ
あなた

いや、3人は送ってくれたんだよ

ハル
っふーん、俺は男ってのは必ず下心があるもんだと思うけどなぁ
あなた

大丈夫、私そんな下心持たれるほどの人間じゃないから

ハル
ほんとかなー
光輝
あ、あの!
ハル
ん?
光輝
その、もうそろそろあなたさんから離れてもらえませんか!
ハル
え?何嫉妬ー?
あなた

ちょ、ハル!

ハル
なになにーいつもならもっと…
あなた

やめてよ、誤解されるじゃん!

ハル
俺はいいけどー?
あなた

私は嫌なの!

俺はフツーに嫉妬します
陸!?何先に言ってんだよ。
海司
俺も、見てられないっす
海司まで!?
光輝
お、俺もこの2人以上に嫉妬してます
ハル
ほーらね、皆んな男なんだから
あなた

あのねぇ、

離れてくださいよ
ハル
あーはいはい、わかったわかった、これでいい?
後ろからもたれかかるようにハグしていたハルさんが

両手をパッと上げて俺らに見せて来た。
ハル
でも、お前ら調子乗ってあなたに何かしたら、ただじゃおかねぇからな
海司
何にもしませんし…
ハル
よぉーし、帰るぞあなた!
あなた

う、うん…ごめんね皆んな!明日ねー

しばらくしてから陸が口を開いた。
ツワモノ現るって感じだな
海司
なかなか、パンチの強い人だったね
光輝
それより、お前ら…
ん?
海司
なに?
光輝
あなたさんの事好きなのかよ
さぁねー
海司
でも、嫉妬はした
俺も羨ましかったなー
光輝
俺らライバルって事か
…え?
海司
まじかよ



この後、俺がこの2人に焦らせられるとも知らずに

浮かれていたのであった。