無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

team京極兄弟・京極竜
大丈夫か?
あなた

え?なにが

授業中、頭は久遠誠一郎の事でいっぱいだった。

すると、後ろから竜が声を掛けてきた
さっきから、芯ずっと折ってるけど
あなた

っあ、

シャー芯を無意識のうちにボキボキと折っていた。
ムカつく事でもあったのか?
あなた

ううん、なんでもない

あっそ…
授業が終わった頃

私は机の上に散らばる芯を片付けていた。
尊人
なぁ、あなた
あなた

ん?

尊人
竜知らね?
あなた

え?知らないけど…

尊人
そっか


その頃竜は…
光輝
あなたさんに何したんだよ
は?なんもしてねぇよ
光輝
じゃあ何であんなに怖い顔してんだよ!
んなもん、こっちが知りてぇよ
光輝
はぁ、誰だよあなたさんの事イライラさせてる奴は…
なんで俺が疑われなくちゃいけねぇんだよ
光輝
授業中の…
そんなにあなたの事見てんだなw
光輝
う、うるせぇ!!
まぁ、誰のせいか突き止めなきゃな…
光輝
あれ以上あなたさんを怒らす訳には行かない!


2人はあなたの機嫌が悪い理由を

突き止める為に頑張っていたのであった。