無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

team生徒会・綾小路葵
あなたさんはいらっしゃいますか
尊人
おぉ、あそこにいるぞー
とても、熱心に勉強なさってるのですね
尊人
いっやーどうかなぁ
それはどう言う?
尊人
いや、なんて言うか…大変らしい
なる、ほど…出番のようですね
尊人
おお?
スタスタと教室の中へ入りあなたさんの元へ行った。
あなた

あ、綾小路さん!?

どうも
あなた

なんで、エコノミーに

あなたさんに会いに来ました
あなた

え、え?

光輝
はあ!?
ちょっと、それってどう言うことっすか?
そのままの意味ですよ
海司
会いたくなったから会いに来たと…
はい、ふとあなたさんの顔が頭に浮かびまして
綾小路くん、奇遇だね僕もだよ
後ろを振り向くと朱雀奏の姿があった。
朱雀奏…!?
まさか、こんな偶然があるんですね
はぁあ、俺らってラッキーだよなぁ
誠一郎
何がだ
だって、毎日毎時間あなたさんと一緒だし
…一緒にいる時間が長いからなんだと言うのですか
いやあ、俺らはあなたさんが眠たそうな所も勉強を集中してやってる所も全部見れるってだけの事なんですけどぉ
っく…
誠一郎、僕もエコノミークラスに入りたい
誠一郎
い、いや何を言う、そんな無理な事
聞いてみましょう、私もエコノミークラスに入りたいと思っていました
誠一郎
お、おい、元!
なんですか?誠一郎さんも本当は入りたいのでしょ?
誠一郎
それは…
黙ってはいられませんね、ガブリエル
ガブリエル
はい!もう手続きは済ませました
あなた

はやい…

流石ですね、ありがとうございます
ガブリエル
いえいえ…
てかよぉ、こんなにたくさんなんであなたに群がるんだよ
それは…
光輝
あなたさんの事が、その…す、
海司
好きだから
光輝
ちょ、おい!俺に言わせろよ!
海司
だって言わないから…
おいしいところもってかれたー
海司
ほら、ばあちゃんがあやふやになってる物事早く解決しろって
光輝
あーあ…
なーんか、意外だな
あなた

私の事が好きなんじゃ無いと思うよ

群がり騒ぐ皆んなの中で

コソコソとあなたさんとヤンキー王子弟が話していた。

2人のコソコソとしている姿をチラチラ見ていると

何だか胸がチクチクと刺されてるかのように痛んだ。
なんでだよ
あなた

皆んな、競ってる自分が好きなだけ

っふ、お前とことんドライだな笑
あなた

そうかな、竜の前だと何か気抜けるんだよね…

…あっそ
あなた

あ、やっぱ気抜かない方がいいよね

いや、そのままでいい…
あなた

…っそ

おう
では、明日からエコノミークラスの方に入る手続きを完全にして参りますので失礼します
待ちなさい、私も行きます!
光輝
そうはさせるか!
まてー!

教室が一気に静まり返った。

皆んなが校長室へ向かう中

1人でエコノミークラスの教室を覗きに行った。

すると、そこにはあなたさんと…の影が…。