無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

team京極兄弟・京極竜
あなたが帰った後兄貴は上の空だった。
尊人
はぁ
兄貴どうしたんだよ
尊人
いっやぁ、あなたってぜっっったい良い奥さんになるよなぁ
奥さんって、兄貴大丈夫か?
たしかに、いちごと仁と遊んでる姿を見たら

良い奥さんに……なんて何考えてんだ俺。
尊人
にしてもよぉ、あの奏側近最近やたらとあなたの周りにうろついてないか?
あぁ、たしかに
尊人
はぁ、早く学校行きてぇなぁ
……そんなにかよ。
尊人
ん?
いや、早く寝ようぜ
尊人
だな!早く寝たら早く会えるしな
兄貴がこんなにもあなたに惚れてるなんて…。

どうしてだか胸が痛んだ。
次の日、学校であなたと遭遇すると

俺が声をかけようとするたびセレブ王子が邪魔をして来た。
あなたさん
あなた

朱雀さん!?こんな所までどうしたんですか?

ふと、あなたさんの顔を見たくなりまして
あなた

はぁ、なるほど…あれ、お2人は一緒じゃないんですね

何も言わずに来たので
あなた

大丈夫ですかね?あの2人なら探してると思いますが

んーそうでしょうか
あなた

はい、だって誰も朱雀さんがエコノミークラスの教室に来るなんて思ってませんよ…って、あ

誠一郎
奏!
誠一郎!?
やはりここでしたね
誠一郎
ああ
あなた

ね?言ったでしょう?
では、失礼します

っあ、ちょっと…
間近で3人とあなたのやり取りを眺めていると

あなたが呼び止められてるのにもかかわらず

急に振り返りこちらへ歩いて来た。
なぁ、あなた
あなた

ん?

今、呼び止められてたけど良いのかよ
あなた

良いよ良いよ、だって私に用なんてないんだろうし

そうか?
あなた

そうそう、あーあお腹空いた

はぁ、お前は女気より食い気だなw
あなた

だって腹が減っては戦はできぬだよ

はいはい
あなた

そう言えばさ、駅前に美味しいパンケーキ屋さん出来たんだよねぇ

んだよ、その目は
あなた

いちごちゃんと仁くん誘ってさ皆んなで行かない?

っはぁあ!?
あなた

え?だめかな?結構真剣に言ったんだけど

いや、だめとかじゃなくて、急になんだよ
あなた

え、ほら昨日仲良くなれたしさ

や、まぁそうだけどよぉ
あなた

…突然過ぎるよね、ごめん忘れて!!

いや…
光輝
あなたさん!
あなた

あ、天堂くん

光輝
光輝、光輝でいいっす
あなた

あ、光輝…ね

お前な、今俺があなたと話してたろ
光輝
っは?話し終わってただろ
あ?終わってねぇし
あなた

ちょっと、やめなって!

光輝
あなたさん助けて欲しい時はいつでも俺の名前呼んでください、すぐに駆けつけるんで
あなた

う、うん、ありがとう?

お前、何も出来ねぇだろw
光輝
出来るし、俺はあなたさんを守れる男になったんだ
変なライバルが増えたな…。

いや、俺のライバルじゃなくて、兄貴のライバルがな…。
あなた

2人は仲が良いんだね

っは?
光輝
え!?
何をどう見たらそう思うんだよ
あなた

全体的に?w

光輝
全体的にって…
あなた

じゃあ、私帰るね!

光輝
あなたさん…はぁ…
おい、お前のせいだぞ
光輝
あなたさん!待ってください!送ります!
おいおい、人の話聞いてねぇのかよ
もう、光輝には何も聞こえないらしい。






光輝の頭の中は妄想でいっぱいであった。