無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

team奏・朱雀奏
誠一郎
奏行くぞ
でも、
奏様行きましょう
う、うん………では
呼び止められたのに対して

頭を少し下げて去っていった。
ちょ、あーこれだからセレブは…
あなた

竜、何してんの?

いや、別に
あなた

え?別にじゃないでしょ

後ろからあなたさんの声が聞こえて立ち止まった。
ごめん誠一郎先に行っててくれる?
誠一郎
いや、俺も行こう。
それでは、私も
あなたさんと一対一で話したい事があるんだ
誠一郎
そうか…早く戻ってくるようにな
ありがとう、行ってくるね
か、かな…
誠一郎
元行くぞ
え!?
誠一郎
奏の好きにさせておこう、勘違いに気づけるチャンスだ
へ?
その頃奏は
あなたさん!
なんか、用かよ
ええ、あなたさんに用があります
残念ながらあなたは今俺と話してんだよ
あなた

竜!

あ?んだよ
あなた

朱雀さん、どうしたんですか?

お話をしたいと思いまして、あなたさんこちらへ来てください
は?ちょ、俺が話してんだろ!
あなたさん?
あなた

すみません、私は話す事がないので、失礼します

あなた!
あなたさん…
はぁ、なんでこうなるんだよ
追いかけなくては…!
おい!ちょっと待てよ
なんですか?
多分だけどよ、あんたらがあなたに絡むせいで最近おかしいんだよアイツ
…え?僕達のせいでですか?
あぁ、多分な