無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

team京極兄弟・京極尊人
あなた

はあ…

尊人
竜、アイツどうしたんだ
俺にも、わけわかんねぇ
尊人
機嫌悪かったと思えば、今日は飛んでる感じっつーか
好きな人でも出来たか…
尊人
は!?
んま、アイツに限ってそれはないか
尊人
聞いてみっか
おう
尊人
あなた
あなた

……

尊人
あなた!!
あなた

うわ!?なに、なになに

尊人
いや、その、
お前、好きな人でも出来たか
あなた

は?なんでそうなるのさ

その態度
あなた

え?

尊人
機嫌良さそうに見えるぞ
あなた

いやいやいや、そんなことは…第一私が誰に恋したわけ

それは、セレブ王子とか
あなた

ないないないない

尊人
そっかー、まぁ機嫌が直ってくれたから何でもいいやー
昨日なんかあったのか?
あなた

いや、別に

まぁ、なんかあったら言えよ、いつでも駆けつけてやるからよ、な?兄貴!
あなた

うん、ありがとう

微笑むあなたを目の前にすると

つい、顔を晒してしまう。
尊人
あぁ!あったりめぇだろ
兄貴があなたの事を想っていることは

大分前から知っていたものの

俺は……。