無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

team生徒会・綾小路葵
おはようございます。
あなた

あ!?綾小路さん!おはようございます!

あの後自主練習は捗りましたか?
あなた

んー、まぁ…

1人でされたんですか?
あなた

いえ、隣人と…

とてもあなたさんと仲の良いお方なのですね
あなた

んー、仲が良いと言いますか…

??
ハル
あなたー!
あなた

っえ!?ハルなんで!?

こちらは?
ハル
あー、どーもーここの卒業生のハルでーす
あなた

あの話してた隣人です

…え、えっと…。
ハル
隣人ー?なんだよ、お兄ちゃんだろ?
お兄さん!?
あなた

違います違います、誤解しないでください!

ハル
なんだよ〜そんな事言って〜
あなたさんに馴れ馴れしく肩を組み密着をしている姿を見て

嫉妬心が湧き上がり、ついあなたさんの腕をつかみ

自分の方へ引き寄せてしまった。
あなた

え、えっと…綾小路さん!?

お帰り願います。
ハル
えええ?なんでだよぉ、折角ここまで来たのにさ〜
あなた

そういえば、なんでここまで来たの?

ハル
それは、あなたがわざわざ帰って来てから移動しなくて済むように、ここのホール使えば良いかなって思ってさ
あなた

あー、確かに、ハル頭いいね

ハル
だーろー?
あなた

うん!

ですが…
あなた

あ、そうですよね…部外者立ち入り禁止じゃない?

ハル
えー?俺部外者ー?
理事長
いいじゃないですかぁ!卒業生ですものねー?
り、理事長!?
理事長
綾小路君、君にはいつも感謝していますよ?ですが、今回ばかりは立ち入りを許可してあげてくれませんかね?
それは、はい、もちろん!
ハル
やったー!ありがとうございます理事長ー!
あなた

よかったね

ハル
うん!うん!
ルンルンとして校内へ寄り添って入っていく

2人の後ろ姿を見ていると

凄く心に冷たい風が吹いて来た。