無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

team理事長
放課後突然理事長に

王子選手権に出場する生徒を集められた。
話ってなんだよ
ガブリエル
り、理事長になんて口の聞き方
あ?別にいいだろ
理事長
皆さんには、これから社会ダンス大会へ出場していただきます、ただし推薦メンバーだけです
あなた

パーティーではなく、大会ですか?

理事長
はい!そこがポイントです
誠一郎
なるほど、個人個人での戦いという事か
理事長
はい!team内でも争っていただきます!
あなた

でも、なぜ私も呼ばれたのですか?

理事長
あなたはここにいる王子達のパートナーとして出場していただきます
あなた

へ?

尊人
でも、あなたは1人しかいねぇぞ?
理事長
はい
あなた

えっと…私は全員の相手役をすると言う事ですか…?

理事長
はい、そして出場する王子は、朱雀奏、京極尊人、京極竜、綾小路葵、天堂光輝、この5名です
理事長、私も大会に出場させては頂けませんか?
理事長
ほう…
誠一郎
こう言う機会だしな、私にもチャンスを頂きたいです
理事長
普段は忠誠を誓う仲の側近が…なんて美しい!いいでしょう、特別参加を許可します
勝負だね
はい、負けませんよ
誠一郎
覚悟しておけ
理事長
出場する王子は今後特別時間割と致します
尊人
やったー!
光輝
毎日社交ダンスって事すか?
理事長
はい、何か不満でも?
光輝
その、俺らって3人でいつもダンスしてきた訳で、練習出来ないと、マズイっつーか…
理事長
んー、でしたら、もう2人も出場させましょうか
光輝
え!?いや、それは
いいっすね俺も社交ダンスしてみたいっす
海司
その話、のります
理事長
素晴らしい、こんなにも自ら出場をしたいと言う王子がいただなんて
光輝
まじかよ…
ぜってぇ勝つ
理事長
では、時間割を各自に配ります
理事長室を出て時間割を眺めていると

後ろから肩を叩かれた。
あなた

え?